2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想していたとおり、ついに修正発言が出たようだ。

神奈川県黒岩知事、選挙公約「忘れてほしい」 「太陽光で脱原発」トーンダウン

神奈川県の黒岩祐治知事が選挙公約で掲げた「4年間で200万戸の太陽光パネル設置」の公約を「忘れてほしい」などと述べて、事実上撤回した。2011年10月7日の県議会予算委員会終了後に記者団の質問に答え、今後は数値目標にこだわらず、「かながわスマートエネルギー構想」を推進していくという。





孫正義を囲んで仲良く写真撮ってた、他県の知事さんたちも、この際だから見直すべきものは見直して、修正すべきは修正して、坊主になって謝ってしまうのが良いと思うのでありますが。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

【2011/10/08 19:51】 | 原発
トラックバック(0) |
昨日、ふざけた記事を書いていたら、仏アレバのCEOが退任というニュースが。


朝、天気予報を見ようと、テレビをつけた僕は、その異様な光景に思わず声を上げた。画面の真ん中で、坊主頭の「みのもんた」がこっちをむいてしゃべっている。テレビ画面の下部には「アナログ放送終了まであと10日」といういつものテロップと並んで、「東日本大震災発生以降、誤った報道を続けてまいりましたことを心よりお詫び申し上げます」というテレビ局のお詫びのテロップが流れていた。政府の節電指示に従って、僕の勤める会...
気が付くと皆、頭を丸めていたのだが



坊主頭にならずに済んだのね。

実際、本当に大事な事はそんな事ではないのだけれど、見えた事柄につい、脊髄反射してしまいたくなるのは、修行が足りないからか。この3ヶ月敢えて書かなかった項目だけメモしておくのだが

●テレ朝は原発事故の解説に、桜井淳を起用してるが、この人テレビに出して大丈夫なのか?
●吉田所長は現場の要。だとして、水漏れに高分子ポリマーつっ込んだり、入浴剤流したりしてたのも吉田所長の「現場判断」なのか?
●中止する話がトーンダウンしてる八ッ場ダムの推進派が「だから今こそ水力発電が必要です!」と言い出さないのは何故か?脱「脱ダム宣言」の長野県が「だから今こそ水力発電が必要です!」と言い出さないのは何故か?
●菅直人は「解散」したいのでは?
●復興費用を2兆1079億円と見積もった宮城県。「削られる前提で言ってみただけ」なのか?こんなことだから地方分権を進められない言い訳にされてしまう。
●20年ぶりにサンテFXのCM復帰した織田裕二は、原発映画に主演するのか?
●孫さんの言う、太陽光発電電力を全量固定価格買取りって、そんな(孫さんにとって)美味しい話が実現するわけない気がするのだけれど。。(だって、コストダウンした分、まるまる利益じゃん)
●知事の皆さんは、県として何がやりたいのかしら?(写真がショボイな!)



--------------------------------
菅直人と孫正義のソーラー・ポピュリズム、日本を奈落の底へと突き落とすグリーン・マフィアの「ソーラー作戦」 ― 2011/06/16 07:50
本日のミンス党。 おやじの独り言


FC2blog テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

【2011/06/17 15:59】 | 原発
トラックバック(0) |
朝、天気予報を見ようと、テレビをつけた僕は、その異様な光景に思わず声を上げた。
画面の真ん中で、坊主頭の「みのもんた」がこっちをむいてしゃべっている。

テレビ画面の下部には「アナログ放送終了まであと10日」といういつものテロップと並んで、
「東日本大震災発生以降、誤った報道を続けてまいりましたことを心よりお詫び申し上げます」
というテレビ局のお詫びのテロップが流れていた。

政府の節電指示に従って、僕の勤める会社も7月から土曜日を出勤にしてかわりに平日の一日を休日にしていた。
僕はトーストかじりながらテレビの前に座って、色々なチャンネルを切り換えてみてみた。

NHKの阿部渉も、羽鳥慎一も、アナウンサーは勿論、レギュラーコメンテーターのタレントや評論家までが坊主頭で、まるで何かの宗教団体の放送のようだった。男性だけでなく、女子アナまでもがみな坊主頭だった。小倉智昭もズラを外して素頭で出ていた。

どのチャンネルも示し合わせたように、「アナログ放送終了まであと10日」といういつものテロップと並んで、
「東日本大震災発生以降、誤った報道を続けてまいりましたことを心よりお詫び申し上げます」
というお詫びのテロップを流し続けていた。

これは後で判ったことだが、震災から3ヶ月が経ち、一層激しさを増した「マスコミは嘘の報道を垂れ流していて良いのか?地獄に落ちるぞ!」との批判に、テレビ各局も耐え切れなくなったようで、墜に示し合わせて「謝っちゃう」事にしたというのが真相のようだ。

テレビ・新聞は原発大誤報を自己検証をしろ!- 純丘 曜彰
※このBLOGSの記事元はアゴラなのだが、何故かアゴラには掲載されていなかった。


教育テレビの英語の番組では「have one's head tonsured」の意味を解説していた。

この異様な光景は夜まで続いた。

翌日になっても、事態は変わらなかった。
変わらないどころか、益々拡がっていた。

気が付くと、地上波のテレビ放送だけでなくインターネットでも同様な事が起きていた。

ustreamでは坊主頭の勝間和代が、電気自動車の話をしていた。

孫正義は、綺麗にそり上げていたけれど、元々アレなのであまり印象が変わらなかった。

原子力安全保安院の西山審議官も勿論ズラを外して坊主だった。

NHK解説委員の水野さんも、原子力安全委員会の斑目さんも、青山さんも、武田教授も、テリー伊東も、池田信夫も、上杉隆も、広瀬隆もみーんな仲良く坊主になっていた。
ちょっと言い間違えただけの人も、知っててワザと大きな嘘をついた人も、ほとんど正しいことを言っていた人までもが、みんな坊主になっていた。
原発推進派も、反原発派も、脱原発派も、自然エネルギー推進派も、自然エネルギーなんて言う奴は馬鹿!という人も、騒ぎに便乗して金儲けしようとしていただけの人も、補助金目当ての人も、何も考えずに騒いでいただけの人も、みんなこの日を境に頭を丸めてしまった。
ソラー派も風力派も地熱派もガスタービン派も、仲良く坊主頭になっていた。


気が付くと、海外からもやたらと坊主頭にした人々の映像が届くようになった。

フランスのアルバ社のCEO(女性)も、坊主頭で
「放射性セシウムの吸着率が当初予定した性能を下回ったのは、高濃度汚染水処理の実績が実は~ムニャムニャ」
とか何やらフランス語で言い訳していた。

それから、原子力に関係あるのか無いのかわからない世界中の外人達も沢山坊主頭でYoutubeに登場した。

その映像はSF映画の描く、人類最終戦争後の放射能に汚染された世界に生きる未来人に似ていた。


そんなテレビ映像にもすぐに見慣れてきたのだが、その日テレビをつけた僕はその異様な光景に思わず声を上げた。
画面の真ん中で、今時のテレビでは珍しく、髪を黒々とさせた男がこっちを向いてしゃべっていた。


 「この大震災の取り組みに一定のめどがついた段階で、私がやるべき一定の役割が果たせた段階で若い世代にいろいろな責任を引き継いでいきたい…」



【2011/06/16 11:34】 | 原発
トラックバック(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。