2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月になって、急にブログのアクセス数が増えてます。
何故かと調べてみると、「アレルクリア」で検索して来られる方が多いようです。

すみません、最近花粉症の話書いてませんでした。

今更ですが、アレルクリア関係の記事を書くことにします。

アレルクリア=ロラタジン(クラリチン)
アレルテック=セチリジン(ジルテック)
アレルフェクス=フェキソフェナジン(アレグラ)

など花粉症対策に使われる抗アレルギー薬がありますが、アレルテックは眠くなる傾向が強く感じられ、私はここ最近はもっぱらアレルクリアを個人輸入して2月から5月位まで飲み続けてました。

今年は、花粉に加えて、黄砂やらPM2.5やらと言った諸々もニュースになり、空気清浄機なども例年以上の売れ行きのようです。

アレルクリアは一瓶365錠入って20ドル程度で買えるので、一瓶買うと3年くらい持つ計算です。
今年の分はまだ大丈夫そうですが、念のためにといつも購入している456ショッピングで注文しておこうと行ってみると、置いてませんでした。
取扱を中止したようです。

おやおや、と他に扱ってる店がないか探す中で、「一定量以上まとまると、通関できない場合がある」らしいことがわかりました。本当に「おやおや」です。
割高な少量梱包で同等の薬を扱っている店も見つかりましたが、「割高」は困ります。

で、結局どうしたかというと、Amazon.comで見つけた業者さんに注文しました。
買ったことのない業者さんでしたし、「偽薬」を送られたりというリスクも考えましたが、注文後しばらくして発送された連絡があり、更にしばらく待つと届きました。開封してませんが、見かけは家にあるアレルクリアの入れ物と同じようです。

と、いうことで、来年は多分これを飲む事になりそうです。

何か関連情報をお持ちの方、あるいはご質問はコメント欄にどうぞご記入下さい。
スポンサーサイト

【2013/03/13 15:48】 | 買い物・その他
トラックバック(0) |
KORG(コルグ) TM-40 デジタルチューナー&メトロノーム 大きめのディスプレイで見やすいKORG(コルグ) TM-40 デジタルチューナー&メトロノーム 大きめのディスプレイで見やすい
()
KORG(コルグ)

商品詳細を見る


自室用の小型のメトロノームが欲しくて、通販サイトをいろいろ眺めてみたのだけれど、結局コルグのこれになりました。

特徴はというと、
---------------------------
音とリズムを同時にレッスンできる画期的レッスン・ツール。LCD の正確さと針式の見やすさを兼ね備えた大きな液晶式針で表示します。チューナー、メトロノームの各機能を独立して使用可能。
C1(32.70Hz)~C8(4186.01Hz)のワイドな測定範囲。
本体スピーカーからの基準音発振機能搭載(サウンド・アウト)。
さまざまなピッチに対応するキャリブレーション機能(410~480Hz)を搭載。
純正の長3度/短3度の音程を示すマーク付き。
*純正な長/短3度に合わせる場合、どの音を補正すれば良いかは演奏する音楽によって異なります。
あらかじめ搭載しているテンポ、拍子を選ぶビート・モードと、自分でテンポを設定できるタップ・モードを使用可能。コンパクトなフォルムながら大きく取ったスピーカー部で、メトロノームのサウンドをしっかり出力します。
幅広いジャンルの楽曲をトレーニングできる13 種のリズム・バリエーション搭載。
テンポ設定は、テンポ数値が1 ずつ増減する“フル・ステップ”と、機械式メトロノームの振り子(ペンデュラム)に表記されている速度に準じて、目盛されている数値毎に設定できる“ペンデュラム・ステップ”から選択可能。
自由にテンポを設定できるタップ機能。
メモリー・バックアップ機能、オート・パワー・オフ機能搭載。
---------------------------
てなことがホームページに書いてありますが、
大型液晶のメトロノームでチューナー機能も付いてるのだけれど、そのチューナーがちゃんと使えるチューナーだという事。

チューナー付きのメトロノームは探すと1000円未満からあるのだけれど、ユーザーレビューを見ると「価格相応で、チューナーの反応が今一だけど、値段が値段なのでまあ満足」みたいな「おまけ」なモノもあるようです。
KORGはクリップタイプのギターチューナーも持っていて性能には満足していたし、本製品のレビューも「良い」ものが多かったので、この機種にしました。

結果は大満足。単四電池仕様だし、おすすめであります。

アマゾンで買ったので、送料も無料で2380円でした。

FC2blog テーマ:楽器・音楽をエンジョイ♪ - ジャンル:趣味・実用

【2011/06/01 15:54】 | 買い物・その他
トラックバック(0) |
PHILIPS シェーバー HQ7310PHILIPS シェーバー HQ7310
(2008/09/20)
Philips (フィリップス)

商品詳細を見る


以前から、フィリップスの電気シェーバーを使っていて、今使ってるのは二年程前に買ったHQ8155という機種であります。前のが充電できなくなって店頭で適当に似た形のを選んで買ったのだけど、8000番台なのにちょっと安かったというのに惹かれてあまり考えずに購入したのでありました。
相変わらず、肌に優しくて、まあ使い勝手は悪くなかったのだけれど、調べてみるとHQ9という替刃を使う機種のようです。2chの評判ではHQ8という替刃が最高の切れ味とコストパフォーマンスで、HQ9は「肌に優しい」けれど、「切れ味は今ひとつ」との事でちょいとがっかりした記憶があります。
なので、次に買うときは間違えずに7000番台を購入しようと思っていたのです。

先日、ふとしたきっかけで、アマゾンでHQ7310が3618円(送料無料)で買えることに気付いて、思わずポチっと購入してしまいました。
翌日届いた商品は黒くて、ちょいと仮面ライダーっぽくてかっこよいデザインでした。早速使ってみると、新品のせいか、8155よりもハードなそり心地であります。当然替刃はHQ8なのですが、驚いた事に購入時に装着されている歯はHQ64という別の刃でした。
ガーン!何百円か高いHQ7340にしておけば最初からHQ8が装着されてきたようです。

でも、嬉しい誤算も。
充電アダプターがHQ8155のと同じようなのです。勿論スタンドとかついてませんが。本体を良く見ると「リチウムイオン電池はリサイクルを」なんて書いてあります。あれ?安いからてっきりニッケル水素電池だとばかり思っていたのですが(たしかネット上で見ても7000番台はニッケル水素電池と書いてある比較表もありました)いつからか設計変更になったのでしょうか?

ともあれ使い勝手には満足してますので2台気分で使いわけようと思っています。


PHILIPS シェーバー Speed-XL シルバーブラック HQ8155PHILIPS シェーバー Speed-XL シルバーブラック HQ8155
()
Philips (フィリップス)

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

【2011/05/20 10:26】 | 買い物・その他
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
我が書斎は、PC三台体制なのでありますが、ゴールデンウィークに内閣改造を行いました。

三台の構成は

太郎:DELLのスリムデスクトップ CORE2DUO メイン機
次郎:自作ミニタワー celeron2.4GHZ 予備
三郎:HPのスリムデスクトップ celeron1.1GHZ 常時起動

なのですが、三郎が常時起動してて寿命が来たのか、カラカラと異音を発するようになったのであります。
そこで新しいメンバーを起用して三郎を引退させるべく検討したのでありました。

当然最初に考えたことは、最新のCOREi7のモデルをメイン機として導入し、太郎次郎をシフトする案で、三台の総力が増加する案です。しかし、ちょうどインテルの石不足もあったりしてタイミングが今ひとつでしたし、何よりいっちゃん予算がかかる案であります。

結局、素直に三郎の代わりになるスリムデスクトップを中古で安く調達するべく具体的に捜し始めました。
1万円未満、出来たら5千円くらいでメモリーも1GB以上載ってて、XPがちゃんと動く機種で、なるべく熱くならない=静かなモデルということで捜しました。予算的にはcerelonDで2~3Ghzとかいう機種の中古が結構ありました。
しかし、これだと多分、熱くなって五月蝿いんですよね。結構粘って色々捜した結果、celeron420の載ったLenovoのスリムデスクトップを5千円で調達することが出来ました。

celeron420って、1.6GHZなんですが、FSBは800MHZでcerelonDにも負けてません。おまけにTDPも35Wと半分程度なので静かに動いてくれそうです。実際動かしてみたら静かでとても良い感じです。

ということで、今更何をと言われそうですが、celeron400番台をおすすめしておきましょう。






【2011/05/18 15:11】 | 買い物・その他
トラックバック(0) |
最近、エレキギターを練習しているのだけれど、練習用に小さなアンプが欲しくて色々物色していた。
006Pで鳴らすような可愛いアンプが色々出ているのだけれど、出来れば単三か単四電池が使えて、ギターのジャックに直結できるようなアンプが無いかさがしていたら、ビックカメラでこんなプラグインアンプを売っていた。多分、ipodとかにつないで使うんだろう。

ヤザワ アンプリファイドプラグインスピーカー VRS203Wヤザワ アンプリファイドプラグインスピーカー VRS203W
()
Yazawa

商品詳細を見る


買ったのはオレンジ色のアンプ内蔵のもの。1280円でした。単四電池二本使う仕様です。電源スイッチとLEDが付いているだけで、音量のボリュームなどはありません。
ステレオミニプラグなので、それを標準のモノのプラグに変換するアダプターも探して一緒に買いました。





PC-265MS MPC-265MS M
()
ソニー

商品詳細を見る




エレキギターのジャックにつないで見ると、予想通りそのままでは音が出ませんでした。何かプリアンプが必要なようです。
そこで、ギター用のエフェクターをかませて見ました。

元々、こんな小さなスピーカーにギターの生音入れたら歪んでまともにならないだろうからなんらかのオーバードライブ回路が必要だと思っていました。
まずは、BOSSのOD-1につなぐとこんな感じでちょうど部屋で練習するのによい音量が出ました。




次にMAXONのディスとーションにもつないでみました。こちらはOD-1より音量が上がりました。トーンコントロールもついているので結構色々な音色を作ることが出来ます。ディストーションつまみを下げ目にしてバランスつまみを上げると、クリアトーンも出ます。全体の音量がちょっと大きすぎるかなというくらい鳴ります。

ということで、しばらくこれを使ってみることにします。




FC2blog テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

【2011/02/14 23:05】 | 買い物・その他
トラックバック(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。