2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の投資目的は、自分の持ち金をどっかーんと一気に何倍にも増やして億万長者になる事ではない。(もちろん、「億万長者」になれるならなって見たい気がするが、今から始める「投資」でそれを目的とするのはあまり賢いとは思えない)

したがって、「たった半年で1億円に増やす投資方法」だとか、「働かずに金利で暮らす方法」などは、このblogのテーマではないし、扱えない。

私が「投資」を今から始めようと思うのは2033年をせに迎えたいからなのである。
2033年とは25年後の事である。多分そのころ私は生きていれば、仕事を引退して年金生活。もしかしたら、多少の「ぼけ」も始まっているかもしれない。
今小学校低学年の二人のたちもそれぞれに独立をして、今の彼女達とちょうど同じ位の孫も生まれているかもしれない。年に何回かは私と妻が暮らす家に孫を連れてたちが遊びに来て、夫婦や孫たちの将来の相談にのってやったり、少しばかりの小遣いを孫にやる、そんな「せな余生」の経済的余裕や自由度を、国の年金制度の失敗や、増税、インフレなどに左右されずに(あるいは影響は免れないまでも、言いなりではなくそれなりに自力で改善できる程度に)確保していたいと私は考えているのだ。
この先インフレや天変地異や疫病がはやったりUFOで宇宙人が襲来したり、ゴジラが上陸したり、何が起こるかわからないが、2033年に何とか生活に困らないで、しあわせなおじいちゃんとして孫と接するためには、最低限、自衛手段、自助努力としての「資産運用」だの「投資」が必要なのだと思うのだ。。。。(勿論それ以前に長生きだとか健康だとかがあるし、何故今ごろになって急にそんなことを言い始めたのかということもあるのだけれど、それはおいおい書いていくことにする。)


FC2blog テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/03/12 09:21】 | はじめに
トラックバック(0) |
2033年にむけて、まずは今年前半にって見たいと思っているモノを書き出してみる。

■国内株式-ETF
  1308 Topix 
■海外株式-ETF
  TOK MSCIコクサイ指数(日本除く先進国)←流動性が?
  IVV  S&P500指数(米国株ね)
  EFA MSCI EAFE指数(北米以外の先進国)
  EEM MSCI Emerging Maekets指数(新興地域ね)
■海外債券インデックスファンド(物色中)
■外貨MMF(EUR、AUD)
■FXで(EURJPY、AUDJPY、EURUSD)

どれをどれだけという考えは無くはないのだが、とりあえず、全てを適量というか最低単位というかえる量だけってみようと思っている。

「わからないものはわない」原則はあるものの、「ってみて初めてわかる良さや悪さ」が有るだろうことも容易に想像できるので、全種最少量をって持ってみてそれで気に入ったものだけを適正比率になるように買い足して行こうと(今は)思っている。
なにしろ2033年までにはまだまだ時間もあるし変化もあるし。

FC2blog テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/03/11 18:05】 | はじめに
トラックバック(0) |
「安くなったら、買ってみたくなる。」というのは普通の心理なのか?

今年は昨年に比べて安くなっているなあ、米ドルも株式も。今が「お買い時」なのだろうか?ここでこれを買うのが本当に「お買い得」なのだろうか?もしかしてもっと良い商品が出るかも???

■舶来ブランド品
前の(昔の)円高の時に、輸入ブランド品だとか、海外旅行先での買い物だとかが「割安」になって、沢山買い込む女性たちの姿がTVや雑誌で報道された。
僕は当時、買いたいブランド物も無かったし、それに充てる余裕も無かったので買いに走らなかったが、例えばちょうど舶来のギターや楽器が欲しい時だったら、そのタイミングで買ってしまっていたかもしれない。

■家電製品
新製品で30万円していた液晶TVが時間経過で25万円とか20万円とか安くなってくる。
あるいは新製品が出て、スペックは上がって、価格が安くなったりしている。そして更に、旧製品の処分価格を狙って激安で買うという手もある。
でも家電製品の場合は、2007年型と2008年型と2009年型は性能も違うので単純に価格だけで選ぶわけにはいかない部分もある。

■金融商品
去年買っても、今年買っても、あるいは来年買っても、いつか売る時点(例えば2033年)で比べてみれば、2007年購入の米ドルも、2008年購入の米ドルも、2009年購入の米ドルも同じ価値で差は無いはずで、だとしたら、安く買ったほうが得。。。。かな?
出来れば、一番安いタイミングで買いたいな。
先着10名様限り更に10%offでとか、夕方売れ残ったものだけ半額でとか買えるともっとうれしいぞ。

などなどと考えていると、いつまでたっても日本の紙幣を集める(銀行貯金ね)以外の蓄財が出来ないので、今年はまず証券会社で買い物する経験をしてみることにした。

FC2blog テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/03/11 17:48】 | 投資
トラックバック(0) |
今日は朝からUSDも株も下げている。

国内株のETFと海外株のETFをまずは最低数だけ購入しようと思っているが口座開設したイートレード証券での海外株の取引手続きがまだ終わってなく国内株しか買えない。あせらずまずは銀行からイートレード証券にお金を振り込んだ。

振り込んでもすぐには反映されないのだな!?
午後になって、Topixが1200割れをするかと思ったら、上がってきてしまった。
結局、14:58に1308を1250で1000口購入した。手数料込みで1251千円。

不思議なもので1250で購入してみると、心理的に安定するというかアンカーリングされてしまっている。明日になれば1250で購入したことなど何も意味を持たなくなるはずなのに、下がれば「買い足そう」と思うだろうし、上がれば「儲かった」と感じるのだろう。

※全く逆に下がれば「高く買い急いで損した」と思って、また上げれば「もっと沢山 安いうちに買っておくんだった」と後悔する可能性もあるが?


FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/03/11 17:02】 | 投資
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。