2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スワップ派FXのブログを色々見ていて、リンク先などをたどっていったら、「不労所得でセミリアイアを目指せ!」みたいなBlogがあった。「セミリアイア」って何だろう?ちょっと想像してみた。
「セミ」のつかない「リアイア」であれば、例えばサラリーマンや役人を定年まで務めて、退職して、年金や恩給で暮らすというイメージだったり、饅頭屋のおやじさんが、跡取息子に店を譲って、自分は地域の活動に専念するとかそういう「本業」を退職するのが「リタイア」のイメージだ。
だとすると「セミリアイア」というのは
(1)本業を正式にはリタイアしてないけど、半分リタイアした状態?

。。。半分だけ「リタイア」出来る「本業」ってどんなんだ?サラリーマンの自分には想像できないが、あえて考えてみると、例えば流行作家が連載を1/3に絞った状態とか(もう旧作の印税で十分暮らせるけど、完全に絶筆するにはまだ早いし)饅頭屋の親父さんが息子に店は譲ったものの、忙しい時期だけ手伝いに店に出てる状態とか、、、かな?

本業を辞めて、金利生活を目指すなら、「セミリタイア」でなく、本当の「リアイア」を目指せばよいわけで、あえて「セミ」というのは何なのだろうか?
サラリーマンとして想像するに、
 (1)かつて上司とぶつかって「辞めてやる!」と言いたかったが生活があるので出来なかった。
 (2)もし、サラリーと同額以上の金利収入があったら、そんな場面で気持ちよく辞表をたたきつけて辞めることができるだろう。
 (3)今は当面辞めないでお勤めしておくけど、いざとなったら何時でもやめられる、そんな半身の構えを称して「セミ・リタイア状態」と言う。
 (4)故に、仕事で仮に成績悪くてボーナスが多少同期より低くても気にならず、マイペースで上司にこびたり、嫌な客に笑顔で接したりしないでもすむ。。。。

。。。。って、最低じゃん、サラリーマンとしたら。今の職場が気に入らないなら転職すれば良いわけで、何かへんだぞ、この想像は。

こんなんじゃ無いとして、じゃ、「セミリタイア」の「セミ」って何だ?

----------------------
※ついでに(ちょっとからみっぽくなるけど)不労所得って言うけど、スワップ派だって「ほったらかし」じゃまずいんじゃね?気が付いたら、スワップ増えて、評価損もっと増えてみたいになっちゃうじゃん、ちゃんとお手入れしないと。

自分の考え方で言うと、本業(サラリーマン)は本業。楽しいことも辛いこともあるけれど、多分、自分にとっては結構そこそこ割の良い仕事なのだろう、続いてるのだから。当面辞めずに働きつづけるつもり。
FXとか資産運用は、本業とは別の、家の用事とかに近いもの。車の手入れだとか、家の補修だとか、庭の草むしりだとか(あんまりやらないけど)。
勿論、時期がきたらリタイアしたいし、出来るなら早い時期にセミリタイア(例えば週二日勤務とか)になれたら楽だなと思うけど、今の勤務先ではそういう勤務体系は無いのでそれはかなわない。

---------------------
というわけで、脱線したけど、「セミリタイア」ってどんな感じ?結局良くわからなかった。ゴメン。

そうか、大橋巨泉か?

セミリタイアって大橋巨泉みたいなのかもしれない。
レギュラー番組は全てなくして、海外に引っ越して、一年の大半はかつての「本業」以外のことをやってて、時々日本に戻ってきてかつての本業である「タレント」をやったり。。。うーん、良いかも。
でも、僕はサラリーマンだから「セミ」より本当のリタイアが良いなあ。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/04/27 16:58】 | 投資
トラックバック(0) |
3月中旬から徐々にポジションを増やしてきたFXだが、累計のスワップポイントが358,404円になった。
 Swap-1号 125,483円(カブドットコム)
 Swap-2号 111,289円(セントラル短資)
 Swap-3号 121,634円(KakakuFX)

偶然3社で1/3ずつになった。幸い三本とも口座の評価金額はプラスになっている。
まだ、始めて1ヶ月半で、この程度の金額で何を大騒ぎしているのかと思うだろうが、こうやってスワップの金額を改めて書き出して、大げさに喜んでおかないと、ついつい、トレードのほうに気持ちが行ってしまいがちになる。スワップ派は地味で、毎月口座に溜まるスワップの金額を数えながらニヤニヤしてるという感じで、しかも、少しレートが動くと折角のスワップ等どこかに吹き飛んでしまう。ついつい、ポジションの手入れを怠ったり、退屈しのぎに気まぐれなトレードですってしまったり、てなことにならぬように、スワップの神様に感謝しているわけだ。

理屈では今のポジションで一ヶ月40万円のスワップが入ってくる計算なのだが、これは結構リスキーだよな、正直に言うと。出来れば少しポジションを整理したいと思っている。まずは先週末に下げたEUR関係だな。一応、EURUSDを6万、来週頭で買値で決裁する指値を入れたが、どんどん下げるようなら多少損を出しても損切りかとも思っているが状況次第。

がんばれ、EUR、がんばるなとは言わないが、一瞬下げろ、USD!という感じ。

---------------------
時々、自分の中でも矛盾してるように感じる部分もあるのだが、
(1)株式や投資信託はドル建て資産をかなり持っている。故にドルが暴落すると困る立場。
(2)外貨はUSD/JPYは持っていないし、GBP/USDなどドル売りのポジションを持っていたり、どちらかというとドル安嬉しい立場。がんばれ欧州オセアニア。

と立場が違うのだが、これすなわち分散投資というわけか?こうもりのようにどっちに転んでも良いように両面にはっとくわけか。。。。なるほどと納得。






【2008/04/27 12:58】 | 投資
トラックバック(0) |
EURが下がりだした。EUR/JPYは平均取得価格が152円台なので、心配は無いのだけれど、EURUSDがどんどん下げて
1)平均取得価格を下回って、評価損が出始めた(高いのは1.5710とかなので)
2)過去に安く入れておいたつもりの指値が忘れた頃になって刺さってしまった。
  1.5651とか1.5610とか「たられば」で入れたままなのが生きていた。
3)結果、現時点で12万単位になってるのだけど、これはイコール約2000万円相当のリスクだよな。
4)当然1.5710とかに戻したら、元から持ってた「高い」のは決裁して売るつもりなのだが、果たしていつEURが戻すのか?(USDが下げても同じだけれど)

本質的な原因があっての下げだと、このまま週末を越すのがいやだけど、ちょっとニュース見るのが正直億劫だったりする。

ま、NY開くまでに考えようっと。

【2008/04/25 20:04】 | 投資
トラックバック(0) |
4/1からKakakuFXの口座で始めた「Swap-3号」だが、やっと累計のスワップ金額が10万円を超えた。
  TRYJPY×6
  AUDZAR×-4
  USDTRY×-6
  AUDJPY×6
という構成で、元々はこの半分の量でポジションを持ったのだが、欲にかられて(?)すぐに倍の量にふやして、外貨の総額としては2000万円くらいに増えてしまった。
口座に入れた証拠金は200万円なので、オウッ!レバレッジ10倍ですね。

直近でもー日あたり5300円くらいのスワップが付いている。よしよし。
ポジションの評価額も何故かプラス50万円くらいになっていて(AUDJPYが今週値上がりしているせいだと思うが、元々相関係数を見て価格変動を打ち消すようにペアを選んだというふれこみだったのに、
こんなに「益」が出てしまうと不安になるけど)それはそれで、うれしいような。。

一ヶ月15万円、一年で190万円のスワップ金利というのが皮算用だが、はたしてこのまま持つのだろうか?(勿論、いざというときの為に、逆指値してあるけど)




【2008/04/24 10:47】 | 投資
トラックバック(0) |
夕べ、デイトレしようとして、ポンドの売りから入って5万円すってしまった。チェッ。半分くらいは取り戻そうと、同じくポンドの買いから入って、2万円すってしまった。

デイトレでは勝てないのでもうやめます。本当に。

それだけ。


FC2blog テーマ:FXデイトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/04/24 10:35】 | 投資
トラックバック(0) |
資産管理にはどんなツールを使えばよいだろうか?
自分の今のやり方をメモしておく。

■Moneylook3 with Yahoo

 ヤフーのホームページからダウンロードした資産管理ソフト。複数の口座にアクセスして残高とかを一覧表にして見せてくれる(はずの)ソフト。 なのだが、残念ながら所有口座の全てを見ることが出来ていないので、単なるオートログインツールになってしまっている。それにしては起動に時間がかかりすぎて効率が上がっているのか疑問。

■RealTimeRate FX

 Vectorでダウンロードしたリアルタイムで為替を表示してくれるツール。一部表示できない通貨もあるが(TRYJPYとか)主要なペアはデスクトップの端っこに常に表示されてるので便利。

■A5のノート

 毎日の投資活動や、思いついたことを手書きしている。それから最近は毎朝資産の価格を表に記録するようにしている。(実にアナログなのだが)そうすることで、「相場」が頭に入る気がする。
国内ETFの価格、海外ETFの価格、為替(所有ペア)、Swap1号から3号の口座残高と、Swapのたまり具合。

■エクセルの管理シート

 資産別に時系列に取引と残高を記録して、トータルどうなってるか一覧表で見えるようにエクセルのブックを工夫して作っているというか毎日改良中。上のノートの数値を手入力すると現在の資産の時価がわかるようになっている。。。。のだが、何か実感に合わないというか、誤差もあるというか、まだまだだ。







FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/04/24 09:39】 | 投資
トラックバック(0) |
Spock\'s BeardSpock\'s Beard
(2006/11/21)
Spock\'s Beard

商品詳細を見る


今月は仕事が忙しかった。毎朝 Spock's Beard を聴いて出勤していた。Spocksはアメリカのバンドなせいか、プログレ的曲作りをしてプログレ的演奏をしていても、なんかふとした瞬間、「ご機嫌なロックンロールだぜぃ!ひゅー!!!!」みたいなドライブしちゃう感じがするのだけれど、これってアメリカ人に対する偏見だろうか?
このアルバムは二ールモースが脱退した後三枚目、バンド名イコールで一枚目みたいだけど、通算9枚目のアルバムになる。で、別にご機嫌な感じが嫌なわけではなくて、朝の元気を出すために聴いてたのだよ。ジェネシスみたいでイエスみたいでって思って油断してると、次の瞬間、なんちゃってとSpock'sになっちゃうんだよな。
ちなみに、知らない人の為に書くと、このバンドのキーボードは日本人です。昔、クリエイション(日本のクラプトンこと、竹田和夫だよ、竹田和夫。ムー一族だよ。)でオルガン弾いてた人です。さて、誰でしょう??

FC2blog テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

【2008/04/22 17:11】 | プログレ
トラックバック(0) |
先日、FXスワップ派としての行動指針というエントリーを書いた。とはいえ僕のポートフォリオは
 1.国内株式30%
 2.海外株式30%
 3.海外債券または外貨30%
 4.残り10%は色々な実験
とするつもりだし、現実にも株式が6割のポートフォリオになっていて、実態としては「株式インデックス派」であり、「長期分散投資家」であるので、それに関しても改めて行動指針を書いておこう。

1)株式投資は企業の成長に自分の資金を賭けることであり、多分自分が起業するよりも巧いことプロ集団が資産を増やしてくれるだろうと予想すること。
2)果たして、日本の企業と海外の企業のどちらがより成長するかと考えれば、きっと日本に集中して投資するよりも海外も含めて全世界に投資するほうが成長の果実を得るチャンスは多いだろう。
3)しかし、何千社もある中から個別の企業を選別するのは大変な労力であり、また海外の企業はその名前すらきちんと読めないような企業群であり個別企業に投資するのは難しい。また、全世界の優良企業群を選抜することが出来たとしても、個別株に投資しきる資金は膨大になるだろう。
4)だから、株式インデックスに投資することにより、平均的成長の果実を得ることでよしとしよう。少なくとも何千社もの資料を見て分析する時間と労力を節約できるのだから。
5)インデックス投資の手段としてはETFを選んだ。理由は信託報酬の節約。
6)「安いときに買う」という原則を忘れない。「高いかも」と感じたら買わない。銘柄ごとに、自分が安いと感じる価格をきちんと書いておく。正直良くわからなければ、自分の平均購入価格が上がるなら買わないという基準でも良いだろう。
7)米国のETF購入には前もってUSDを用意しておく必要がある。もしUSDが「安い」と感じたら余分に両替しておく。

上記の行動指針に照らすと、今は「高い」ので買えなくなってしまった。USDが5千ドルほどあるので、つい、TOKを46ドルで100単位ほど買っておこうか等と思ってしまうのだが、44ドルが僕の基準なのであえて買わない。

FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/04/20 15:40】 | 投資
トラックバック(0) |
今週末はだいぶ米国の株式市場が上げて、結果として僕の資産(含み益)評価も上がった。
米国の市場の参加者はアメリカ人ばかりではないのだろうが、感覚としては、
あ)アメリカ人が思ったより大丈夫かなという気になって
い)米国株が上がり、ドルも上がる
う)円安になり、日本の株も上がる
え)僕の持っている日本株が上がり、米株が上がり、ドル建ての米国ETF全体が上がり(円換算の利益が増え)
お)為替も差益が増える

ということで、儲かった気になる。

逆に先週末から今週頭のようだと上に書いたのが全部逆になって「あれ?俺の儲けはどこに行ってしまったのだろう?」ということになる。

どっちにしても少し株や外貨資産を持ってしまうと、アメリカ人の気持ちでそれが増えたり減ったりするのだということを痛感させられる一週間だった。

※勿論、アメリカ人だけでなく、イギリス人が何かすると、ポンドが上がって、僕の資産評価額が少し上がったりするのだけれど。

いずれにしても、現時点の相場では何もかもが高くて買えないし、大体週末で売買できないし、サーバーメンテナンスで見れない口座もあるし、ちょっと退屈。



FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/04/19 18:48】 | 投資
トラックバック(0) |
雑誌やインターネットで、株でも為替でも「トレード」している人のPCの写真で、専用のアームを使って4面とかのマルチディスプレイにしているのを見るけれど、みんなどんなディスプレイで何を表示させているのだろうか?実は先日インターネットで注文してHPの24インチワイドディスプレイを購入した。
元々、18.1インチの液晶を使っていて、DVDとか見るのにワイドディスプレイが欲しいなと物色していたら、ACERの243Wという所謂「ツルピカ液晶」(光沢画面)のディスプレイが値段に反して「良い」と評判で、よし、それを注文しようと思ったら、バグかなにかで供給がへってしまい、2ちゃんの関連スレで、HPのW2408Hというのが光沢液晶で「似てる」と書いてあって、つい、ポチッと注文してしまったのだ。

というわけで株や為替のグラフや注文画面を見るには向かないのかなと思っていたのだが、いやあ良いですよ。画面が広いのは。ということで、メインのPCにつないで、株や為替の注文もこれでやっている。


FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/04/19 18:07】 | 投資
トラックバック(0) |
一日あたりのスワップ金利が実績として1万3千円を超えた。これが続くなら、一ヶ月に40万円、年間480万円(税引き前)ということになる。やっと感覚がつかめて来たので、ポイントを自分のためにまとめておく。

1)スワップ金利など、為替の変動に比べれば取るにたらない小額であることを忘れるな。逆に言えば、そのスワップ金利を得るために取っている為替変動のリスクの大きさを忘れないこと。

2)為替がどちらに動くかは予測困難。自分の保持するポジションを長く維持するためには、「安く買う事」と「高く売る事」をこころがけるのと、十分な資金を口座に入れること。

3)ポジションは、盆栽のように手をかけてより理想に近い形に育てる。買いポジションの価格が自分の購入価格より下がったら、買い増す。そして相場が元にもどるのを待って、元のポジションを処分する。そうすればポジションの購入価格を低くすることが出来、もしもの変動に対する抵抗力が増す。

4)JPY売りの外貨買いポジションだけでなく、USD売りのポジションにも分散して置くことは、リスク低減に役立つ。EURUSDの1.5678という数字のどの桁が「幾ら」のインパクトか頭に入れておく。(一万通貨なら小数点以下2桁目、数字の6が1万円に相当する)1万通貨持つと、約160万円分リスクを持ったと認識すること。



【2008/04/19 04:49】 | 投資
トラックバック(0) |
ゆうべ、GEの決算から米国株が下げて、ドル安⇒円高になって一週間のマーケットが終わった。
週末でマーケットが止まっているし、ちょうどよいので投資一ヶ月(丁度3月12日にTOPIXのETFを購入したところから、僕の投資が始まった)を総括してみる。

。。。と思ったら、カブドットコムのFX口座も、イートレード証券もメンテナンス中でサーバーにアクセス出来ず、最新の口座残高を確認できない。仕方ないので手元のエクセルで管理しているベースで総括してみる。

<全体として>
国内株式ETF、海外株式ETF、外国債券投資信託、外貨FXの4種類に分散して投資してみた。一ヶ月の中で価格が乱高下する間(12年ぶりにドル99円突破とか)の投資で、中々スリルに満ちていたが、オーソドックスな長期分散インデックス投資プラスプログレッシブな実験を少々という当初予定通りすることが出来たと思う。各資産への投資実績は下記の通り。

         国内株 海外株 海外債券 外貨   合計
■投資比率  31%   37%   5%     27%   100%
■時価比率  30%   36%   5%     30%   100%
■利益比率  21%    4%   2%     73%   100%
■利益率   3.7%   0.5%   2.7%   14.6%   5.4%

利益率は累計の投資金額で今朝時点の推定時価を割ったものなので、数字自体にあまり意味はないと思うけど、要は今朝の外貨や米株の下げにもかかわらず、現状ではマイナス(赤字)にならずに済んでいるようだ。
外貨FXは証拠金ベースなので、レバレッジの分、利益率が高くなってると思う。

◎国内ETFについて
 基本は1308(TOPIX連動)だが、途中1330(N225)と1328(金連動)を最低量だけ購入してみた。
 N225の動きはTOPIXと大差ないが、1328は逆の動きをしていて、「ああ、分散されてるな」と思えたが、相場感が全くわからないので、最低量にしておいた。
 口座は基本的にはカブドットコム証券。そしてFXの担保にしてある。
 
◎米国ETFについて
 楽天証券とイートレード証券に分散して5種類のETFを購入した。
 IVV、EFA、EEM、GSG、TOK
 ドルベースでは利益率は+0.8%。内訳ではEEMとGSGが利益率高く(3月に少量買ったまま、買い上がらなかったのと、夕べの米国株下げの中でも下落が少なかったからだと思う)、IVVとEFAはほぼチャラで終わっている。
各銘柄の時価ベースの比率は
  IVV=37%
  EFA=40%
  EEM=6%
  GSG=5%
  TOK=11%
となった。TOPIXとTOKの2銘柄だけで、全世界株式分散が出来るとすすめる向きもあるようだが、当面TOKの流通量がもう少し増えるまで手控えようと思って、途中から買うのを止めた。(割高なのか割安なのかもわかりにくいし、というかわかないのだけれど)
 
◎海外債券投資信託
 これも、PRU海外債券マーケットパフォーマーという同じ銘柄をイートレード証券と楽天証券に分散して購入してしまった。
 当初、外貨MMFというものを購入するつもりで、マネックス証券にも口座を作ったのだが、現在のところ、一円も購入していない。

◎FX(外国為替証拠金取引)
 基本的には「スワップ狙い」だと自分の立ち位置は決めていたつもりだったが、一ヶ月のうちに何回かトレードして儲けたり損したりした。
スワップ狙いのほうは
 ・スワップ1号(カブトレード証券)
 ・スワップ2号(セントラル短資)
 ・スワップ3号(KakakuFX)
の3口座開いた。
三社三様で、特徴があるし、また他社の広告を見てももっと良い口座があるかもしれないが、当面はこの3社体制で1号から3号を育てていこうと思っている。

前に記事に書いた「スワップ派のためのFXポートフォリオ」のリスク分析ツールで分析すると、
              1号   2号   3号
■スワップリターン  6.72%  4.36%  9.93%
■推定リスク     12.12%  7.62%  10.66%
■シャープレシオ   0.55   0.57   0.93

となっている。スワップ2号は当初はスワップ1号と大差ない構成だったのだが、NZDのリスクをカバーする方法を色々考えていて(売れば一番早いのだけど、それじゃみすみすスワップ金利のチャンスを逃すことになる)、結局EURUSDとGBPUSDを追加で買って、リスクを低減した結果だ。為替を見ていて円高傾向になってNZDも下げている時に逆に上げていて、リスク低減できているように思う。

スワップ3号はシャープレシオだけ見ると「いいじゃん」と思うのだが、トルコリラ絡みの構成で当初相場観も無いまま目を瞑ってポジションを持って見る見る間に益が20~30万円も出てびっくりしたのだが、その後今度は突然逆に10万円以上マイナスになって、ようやく中身をみて「高く買ってしまったペア」と「安く売りすぎたペア」を発見して、一旦決裁して(損切り)してポジションを持ち直している。中々スリルがあるぞ。でも今のところ毎日5000円以上のスワップが出ているので更に様子を見ていこうと思っている。



FC2blog テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/04/12 12:38】 | 投資
トラックバック(0) |
北村慶の新しい本を見つけて読んだ。


大人の投資入門―真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」大人の投資入門―真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」
(2008/01/12)
北村 慶

商品詳細を見る


前作の「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵」と重複する部分もあり、前作がとても良かったのに対して、ちょいがっかりだった。


貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
(2006/04)
北村 慶

商品詳細を見る


それにつけても、何故、ドルコスト平均法の例なんかわざわざ載せたのだろう。あの部分でせっかくの本が「怪しい証券会社のマワシモノ」みたくなってしまった。

ドルコスト平均法って、別に特別お得な方法じゃないのに、あたかも魔法の方法のように色々な売り込みに使われている。自分を律するために信じたふりをして、毎月定額積み立てみたいなことをやるのは大いに結構だけど、この本に載っている比較例はちょっとひどい。

毎月積み立てよう・・はいはい、無駄遣いする前に天引きしないと貯まらないですから。
定数より定額で・・・はいはい、価格をにらんでタイミングをはかるより、目をつむって買ってしまったほうが時間の節約ですから。それに、「最高値掴みだけは避けたい」という心理に答える方法ですから。

ただ、証券会社の営業部とすれば、毎月預かり資産が増えていくし、手数料(直接/間接の)も毎月入ってくるわけでドルコスト平均法の信者が増えるとありがたいんだろうなというのは勘ぐりすぎかな?

FC2blog テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/04/07 16:32】 | Books
トラックバック(0) |
スワップが一日一万円を超えた。

 Swap1号(カブドットコム)  3545円/日
 Swap2号(セントラル短資) 3370円/日
 Swap3号(KakakuFX)    5256円/日
 合計             12,171円/日

いずれも今のところ評価損は出ていないでプラスになっている。
さて、こいつらの評価はどうするのかな?証拠金額を分母にして利回りとか計算するので良いのかな?

スワップ派のブログを見ると、「○○で悠々金利生活!」みたいなタイトルや、リタイヤを目指すみたいなのが見つけるけど、そりゃ中々難しいんじゃないかと思う。だって、一日一万円をそのまま365倍して今後一年間の収入として当てに出来るかというと、かなり不安だ。ましてやこのまま今後25年間持つかというと、、、、???
自分の場合は海外債券に投資する資金をFXで代用しているつもりなのだけど、ずっと今のポジションで行けるとは思っていない。

最近の円高で外貨預金を始める人が増えたと新聞記事に出ていた。銀行は儲け時だな。片道一円の手数料は確実に入るし。外貨預金やMMFで為替手数料取られるよりはFXがましかと思ってやってるし、一応資産運用のメインは株のつもりなのだけどな。

ちなみに、Swap1号から3号の中身はこんな感じ
■Swap1号
  EURJPY*2
  GBPJPY*1
  AUDJPY*2
  NZDJPY*16
  ZARJPY*2
■Swap2号
  EURJPY*2
  GBPJPY*2
  AUDJPY*4
  NZDJPY*10
  ZARJPY*3
■Swap3号
  TRYJPY*6
  AUDJPY*6
  AUDZAR*-4
  USDTRY*-6



追記を閉じる▲

【2008/04/06 17:08】 | 投資
トラックバック(1) |
投資雑誌の記事を鵜呑みにしてはいかんと、基本方針に盛り込んでいたし、\enSPA!は下の表紙写真を見ても、同じ投資雑誌にしても、日経マネーやらダイヤモンドzaiとかにくらべるとかなり「危ない」感じがしてたんだけど、つい買って読んだら「実験」してみたくなって、「最強のペアをさがせ」みたいな記事で、為替バカ氏とyamakouFX氏が紹介していたポートフォリオを組んでみる事にした。


en SPA (エンスパ) 2008年 4/26号 [雑誌]en SPA (エンスパ) 2008年 4/26号 [雑誌]
(2008/03/26)
不明

商品詳細を見る


NZDを馬鹿みたいにロングするのが、ストレートなロックンロールだとすると(ニュージーランド出身だとAC/DCってバンドありましたね)、通貨ペアの相関係数とか計算して工夫するのはちょいプログレかなと思ったりして。yamakouFX氏のホームページでは便利なリスク分析ツールも公開されていて、本当に勉強になります。

で、実験なのだけど
 TRYJPY 買3万
 AUDZAR 売2万
 USDTRY 売3万
 AUDJPY 買3万
という組み合わせで、ポートフォリオリスク分析ツールで計算すると
 評価金額=1000万円
 スワっプ年額=100万円
 リスク年額=108万円
 スワップリターン=9.96%
 推定リスク=10.68%
 シャープレシオ=0.93
 1年後損失確率=17.6%
と出た。この通貨ペアは今までのセントラル短資(FXダイレクト)にも、カブドットコムにもないので、KakakuFXのプレミアムに150万円突っ込んで4/1の夜に仕掛けた。Kakakufxはブラウザーじゃなくて専用プログラムでアクセスするようになってて、操作方法とかがいま1つ理解できていないのだけど、直後は評価額マイナスがどんどん出ていて焦ったが、昨日見たら170万円を超えていて大いにプラスになっていた。(本質的にはレート変更に影響を受けにくいペアのはずなんだけど、まあ利益方向だからよしとするか?)
逆に仕掛ける日が数日ずれていたら、もっと違う結果になってるのかも????
一応、スワップは合計2628円/日出たので、単純計算で年間95万円の予定!(本当かな?)

複数の会社に口座が分かれると、管理しにくいし、資金の分割損というか効率が悪くなるけど、仕方ない。
カブドットコムのスワップ1号、セントラル短資のスワップ2号に続き、Kakakufxのこいつらはスワップ3号(ややプログレ風)ということで、別管理して時々報告する予定。

【2008/04/04 12:30】 | 投資
トラックバック(0) |
会社に新入社員は入ってくる。早速保険のおばちゃんたちが色めき立つ。流石に今時オフィスの中に勝手に入ってくるおばちゃんは居ないけど、昔は平気で入ってたな。(会社の株主だったりするんだよね、保険会社って)
今でも昼休みに食堂の前とか、定時後の応接フロアとかで保険のおばちゃんたちが飴とかTVガイド持ってお客を待ってたりする。しかし、今時、新入社員に保険の勧誘なんか勝手にさせておいて良いのか?更には後輩をおばちゃんに斡旋する馬鹿先輩まで居たりして。

保険は「逆宝くじ」。できることなら加入せずにすませたいし、あのおばちゃんたちの収入分だけ僕らの保険料からコストが出ているだろうことは想像できるわけで、だいいち、20代の青年たちに死亡保険金何千万もかけていったいどうする?医療保険だって、いざとなれば何十万円か貸してくれる処はあるわけで、ましてや1年目のボーナスを浪費せずに貯金できたら、もうそれで「いざというときへの備え」は良いのではないか?


お金をふやす本当の常識―シンプルで正しい30のルール (日経ビジネス人文庫)お金をふやす本当の常識―シンプルで正しい30のルール (日経ビジネス人文庫)
(2005/10)
山崎 元

商品詳細を見る


山崎元さんの本には大変お世話になってます。ただ、当時TOPIXインデックスもおすすめしないと書いていた氏だが、最近はETFをすすめる記事を書いていたりして、若干は楽天証券の立場も反映しているのだろうか。それはともかく、この本も大変安くて為になるので、保険のおばちゃんとかの餌食になる前に、是非新人君には読ませたい。

※しかし、昼休みに保険のおばちゃんからTVガイドとかもらって、新製品の説明とかを真剣に聞いてる人物をみると、どんな仕事できる人でもちょい心配になってくるぞ、余計なお世話だけど。
ちなみに、私も結婚するときにすすめられて、死亡保険金が何千万円とかの定期付き終身保険に入ってしまった口です。本当に頭悪くてすみません。



追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/04/04 11:20】 | Books
トラックバック(0) |
昨日(4/3)は、為替も株もみーんな高くなった。TOPIX-ETF(1308)も2月以来の1300円台の値段で取引されていた。為替も一昨日から上げ出して、結果上げつづけた。(そんな中でポンドで失敗して、USDで仇とろうかと思ったものの、ギリギリ思いとどまって。)結果USDは今朝も102円台、EURも160円台、GBPも204円台と一方的に「円安」に見える。3月を泣きながら耐えてた人はちょっと一息入れられたのではないか?
僕は一旦仕込みを中断することにした。前にも書いたが、これからの25年間で仕込むチャンスはまだ何度もあるだろうし、そろそろ今年投資する予定だった資金の過半を使ってしまったので、しばらくは真面目にお勤めして夏のボーナスでまた投資しようかと。

昨日のように為替や株が上げると、証券会社の口座の残高が恐ろしく上昇して(含み益)儲かった気になってしまう。株も為替も今売るわけには行かないし、FXは決裁したとして、結構税金かかるし。

投資金額と時価総額それぞれの比率(円換算)を書いてみると
 国内株式 29%、28%
 外国株式 34%、32%
 外国債券  5%、 5%
 外国為替 32%、35%
って感じ。外国為替(FX)が一番利益出てるというか円安の恩恵がストレートに出てる。
やはり、3月18日のタイミングにギリギリ間に合って、その頃仕込んだ虎の子のEURやGBPが貢献してるのと、調子付いて買いましたNZDが今時点は「益」出してるからだ。(平均購入額が78.88なのでまだ大丈夫)為替だけは毎朝チェックしておこう。

FC2blog テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/04/04 09:50】 | 投資
トラックバック(0) |
Garden ShedGarden Shed
(2004/06/15)
England

商品詳細を見る


Englandはアメリカのプログレバンドである。この一枚と、後年スタジオのアウトテークを発掘して一枚にまとめたようなアルバム(考古学的な価値はあるけど音楽的にはいま1つ)が出ているだけで、非常に残念なのだけれど、とても「良い」アルバムです。ジェネシスとか好きだったら気に入ると思うのだけれど。スナッピーを極端に押さえたスコンスコン言うスネアドラムの音が特徴的。(ブラフォードっぽい?)


FC2blog テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

【2008/04/04 09:27】 | プログレ
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
ゆうべから今朝にかけてだいぶ円安になった。円安、米国株高、そして今朝の国内株も上げていて、自分資産の時価総額は上がっているが、買い物日和ではなくなってしまった。

正直に書くとゆうべ、GBPの売りで14万円すってしまった。GBPが1円以上上げているのでまた戻すだろうと199円半ばで20万ポンド売っておいて、一応OCO注文で逆指値200.20に入れておいたのだけど、下げずに200.20で約定してしまった。今朝現在201.25なので、トレンドに逆らわず、「買い」で相場を追いかけるのが正解だったのね。そんなわけで、痛い失敗を教訓として直感に頼ったデイトレからは今後一切手を引きますとか思うのだが、正直言うとそんなに「痛く」も「後悔」もしてないのが実感。多分、証拠金の範囲なので実際に現金を支払っていないことと、先月ナマジ利益が出てたりして頭の仲で「チャラ」にしてしまったりしてるのだろう。

米国株式も上げていて、夕べはETFは買えなかった。非常に残念。このまま上げてくと買い増すタイミングが難しくなるのだよな。でも、値段が上がったのと、ドルが上げてるので含み益が増えてて、それはそれで嬉しい気分も。

朝、起きて為替をチェックするとみーんな上げてた。円安だ。外貨高だ。78円台だったNZDも久しぶりに80円超えてる。気になってた「高値つかみ」したNZD(80.00と79.50と79.27で購入)を清算した。それでもまだ26万NZD持ってるので、何か「頭悪く」見えそう。

為替に関して少し考えてみた。
今後中期的には多分今日より「円高」になると言われてる。そうなると海外ETFなどはUSドル建てなので、円転した時に目減りすることになる。
※1USD=100円で、10万ドルのETFを持っていて、何年後かに売ったら11万ドルだったが、1USD=95円になってたので1045万円に目減りしてしまった、、、みたいな。これに対する「ヘッジ」はどうすればよいのだろうか?

例えば、同時にFXでUSDを10万ドル売っておいたらどうだろう?50万円か100万円くらい口座にあればショートのポジションとれるわけで、ドルが下がればその分利益が出るはず。ただし、時間の経過とともにスワップ金利の支払いが生ずるので、長期に渡って持ち続けるのはしんどいかも。

そうか、上の例で10万ドルに対して目減りする額は50万円(55万円)程度なのだから、デイトレでもなんでも、どっかで50万円の益になった時点でポジションを清算して益を確定して、その50万円なり55万円(税金はかかるけど)はETFの為替損のヘッジ分と頭の中で区分して貯金しとけば良いのか。。

うんうん、そうに違いない、では早速、USDを10万ドル売っときましょう。。。

※「酒飲み」と「博打打」はどんな理由をつけてでも、酒を飲んだり、博打をしたりするそうで、もしかして俺って、虎の子の「長期分散国際株式投資」であるETFの為替差損をヘッジするという名目で、また「博打」を正当化しようとしてないか????


FC2blog テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/04/02 10:37】 | 投資
トラックバック(1) |
3月の投資結果をまとめてみる。

一言で言えば、「投資」開始1ヶ月目で試行錯誤の連続であったけれど、総合的には大した損も無くむしろ「利益」さえ出てしまった。これはひとえに「去年以前からの資産がゼロだったこと」につきるわけで、また3月中旬の急激な円高(95円台)のタイミングにギリギリ間に合って、「投資」出来た事が他の損をカバーしてくれている。

「買いのタイミング」が結果に大いに影響する事を実感していて何とか上手い事やりたいと願うのだけど、一方で素人が「タイミング」を見極める事など多分「出来ない」事も頭では理解しているので(気持ち的には「欲」が押さえられないのだが)「ラッキーだのみ」はホドホドニと思っている。

■国内株式
 TOPIXのETF。3/31時点では若干のプラス(数万円)
■海外株式
 ETF ドルベースで、若干のマイナス(数百ドル)
■海外債券
 投資信託 プラマイゼロ
■外貨(FX)
 (1)長期保有ポジション ちょっとプラス
 (2)スワップ金利合計 3万円くらい
 (3)精算したポジション マイナス5万円
 (4)デイトレード(4回)  プラス20万円強

ここで、疑問。月末の時価総額を記録しようと思ったとき、何時が良いのだろう。国内株式市場は15時で閉まるけど、海外の市場はその後開くし、為替は24時間動いているし。
Moneylook3で全てが上手くデータ取得できてその瞬間の残高合計が一発で出れば良いのだが、残念ながらまだそこまで出来ていない。順に口座の金額を調べてエクセルに入れてくうちに変わってきちゃうのだよな、為替とか。
ちなみに、気が付けば(恥ずかしいけど)NZDが30万単位もロングポジション持ってしまった。レートが1円変化すると30万円変化するんだよな、円換算の時価が。まあ、やばくなるまでこのまま保持して来月はスワップをたんまり貰ってみようか、あるいは早めに高く買ったのを損切りしてポジション圧縮するか迷うところ。

4月も引き続き基本に忠実に
  1.ETFが安かったら、買い足す。(高値つかみをしないこと)
  2.EURとGBPが安かったら、買い足す(高値つかみをしないこと)
  3.デイトレできそうなタイミングがあったらしてもよいけど、深追いしないこと
  4.ハイリスクな通貨(トルコリラとか)にチャレンジしてみる。(少しだけ)
  5.もし、資金が余ったら、海外債券の投資信託を買い足す。

と思っている。


FC2blog テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/04/01 11:21】 | 投資実績
トラックバック(0) |
臆病者のための株入門 (文春新書)臆病者のための株入門 (文春新書)
(2006/04)
橘 玲

商品詳細を見る


これから「投資」に取り組もうという人に、是非読んでいただきたいおすすめの一冊。当時「投資」とは無縁であった僕が、繰上げ返済終了後は、橘玲いうところの「トーシロ投資法」(インデックスを活用した全世界の株式市場全体への分散投資)をベースに株式投資を始めたいと思ったきっかけの書。
ETFを活用する方法なども本書に書かれていた。

とにかく、新書で安いし読みやすいし、絶対のおすすめ。


FC2blog テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/04/01 10:53】 | Books
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。