2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いくらで買ったかは重要ではない」「それが今後値上がりすると思うなら、ホールドあるいはバイであり、下がると思うならセルだ」というのは、素人が陥りやすい誤解に対する警鐘だとは思うのだけれど、果たして本当か?

1200円で買った株が、1100円になった。1200円まで戻してくれればと心の中で強く念じているときに、「いやいや、もっと下げて1000円になると思うなら、今売るべきだ。君が1200円で買った事等、マーケットは記憶していないし、明日になって1000円になってしまえば関係無くなるんだよ。」と言われれば、そうは言ってもと思いつつそのアドバイスをありがたく思うかもしれない。そりゃ合理的だ。

行動経済学はそれはそれとしてわかったつもりになった上で、でも僕は「買った値段」をきちんと記録しているし、記憶もして意識している。
一番目の理由は確定申告する場合に必要になる(かもしれないから)
二つ目の理由として、LC(ロスカット)されないために。スワップ派の僕としては、それなりのレバレッジで外貨のポジションを持っているバックボーンとして、時価に対して平均取得価格が充分に安いという事が前提となっていて、そういう意味で取得価格h重要だし忘れる事は出来ない。更にSwap-1号のカブドットコム証券のシステムが購入価格から8円もしくは4円動くと自動的に(証拠金額の多少に関係なく)ロスカットされる仕組みなのでそれこそ意識している。
三つ目の理由、むしろこれが本質というか素人の浅はかさと言われるかもしれないが、冒頭書いた「今後値上がりすると思う」か「値下がりすると思うか」を根拠に売買しろと言われても、そもそもそれが信じられるくらいなら苦労はないわけで、先が判らないからとにかく自分の購入実績を前提に「買い下がる」という行動に出るわけだ。だいたい、新規に何かを買う場合、過去2年程度の価格を見てその
最低価格で買えれば「良し」だし、それは中々出来ないまでも真中よりは低い価格で買うという「感じ」で最初は買っている。(根拠レスだよな)で、自分で自分をアンカリングして、次はそれより50円とか50銭とか0.5下がったところ(例えばね)で指値して買えたら次は更にと買い下がって行く。。。というくらいしか正直根拠が無かったのだよ。
幸い結果的には相場が底に近いところで買えてたモノが多かったようで今多少なりとも利益(含み益)が出ているだけで、この買い方が必勝法とは思わない。(これからどうやって買っていくのか少し迷っているのも正直なところだ)


FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/05/07 14:13】 | 投資
トラックバック(0) |
一時は1.53台に下げていたEURUSDだが、現時点では1.5530と戻している。一時は13万ユーロ持ってたポジションもようやく半分6万まで圧縮した。1.57台のポジションを損切りして一旦平均単価を1.54台に下げた。で、1.57台で買ったポジションの事は忘れて、EURの今後を考えよう。
自分の感覚では、EUR/USDというのはまさにUSDJPYが分母でEURJPYが分子の分数で、USDが円に対してドル安になって、ユーロが円に対してユーロ高になればEUR/USDも数字が上がるものであったのだけれど、(というか、なじみの無いものであったのだけど)改めて考えてみれば、USDもEURも2大メジャー通貨で、EURUSDの値そのものが世界中の注目点であって、円クロスのほうが派生でしかないのだよな、きっと。ドルとユーロの強さの問題なのだろうが、ユーロに関してあまりニュースなどを良く見ていなかった。
当分、このポジションを保持。更にEURが下げるようだったらまた考えよう。

【2008/05/06 21:52】 | 投資
トラックバック(0) |
ローリスクで年20%の複利運用! 初心者でもできるFXスワップ運用ローリスクで年20%の複利運用! 初心者でもできるFXスワップ運用
(2008/02/19)
為替バカ

商品詳細を見る


「えーFXやってるんですか?危険じゃないですか?」とか、「FXってゼロサムゲームだから、配当とか金利とか無いんじゃないですか?」とか友人に言われたときに、中々一言で説明するのが難しくて、初心者にもわかるスワップ運用のガイドブックがあればと思っていたのだが、為替バカ氏がちょうど良い本を出版してくれた。FXに関する本は本屋にごまんとあるのだが、どれもトレードとスワップといっしょくたに書かれていて初心者にはわかりにくいものばかりだったが、この本はズバリスワップ運用に絞って書いてある。これからは、とりあえずこの本読んでみたらとすすめられると思う。

【2008/05/04 15:28】 | Books
トラックバック(0) |
4月の実績を総括する。というか、実態としては5/2まで状態を記録しておく。
米国の株式が上げて、ドルも対円、対ユーロともに上げて週末に突入した。全般的に円安、外貨高の状態で日本の株式も上がったので現時点のポジションの評価額はとても高くなっている。

■外貨取引(スワップの金額)
 Swap-1号 151,654円
 Swap-2号 137,138円
 Swap-3号 147,536円
 合計の累計スワップ金利金額は436,328円で40万円を突破した。

■外貨の評価額(スワップ、レート損益を加算した口座評価額)/証拠金額
 Swap-1号 153.8%
 Swap-2号 132.2%
 Swap-3号 160.7%
 合計    147.0%

■日本株(インデックスETF)
  110.9%
■外国株(インデックスETF)
  106.1%
■海外債券(投資信託)
  102.5%

というわけで、正直言うと、みんな高くなって買い増ししにくくなっている。
単純に買ったものの値上がりを待ってるのって「単利」であって、モノの本では「複利運用で時間を味方につけて増やしましょう」とかもっともらしく書いてあるが、利益を再投資(すなわち買い増し)しないと「複利」にはならないわけで、とは言え「高い」とわかってて買うのも納得行かないし、。も少し勉強して悩んでみよう。

FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/05/04 15:17】 | 投資実績
トラックバック(1) |
4月の携帯電話の利用状態を見たら、パケットの定額料金が4410円(ダブル定額ライトの上限)になっていた。あまり通話もメールもwebも携帯電話では使っていなかったので常に下限の1050円(12500パケット以下)だったのが、今月は54000パケットだった。
やはり投資始めて、毎日為替を確認したり、マネー関連のニュースを見たりしていたせいだろう。そろそろ携帯電話機を買い換えても良いかもと思っていたのだが、投資に役立つという視点でも機種を物色し始めている。ずばり「株ケータイ」というのがソフトバンクにあるけれど、はたまたインターネットマシンとかソフトバンクの製品に結構斬新なモノが目立つ気がする。今更AUから切り替えるのは躊躇するが、思い切って家族みんなでソフトバンクに変更というのも選択肢か?(身近に大家族でAUからソフトバンクに切替えた友人がいる)

携帯電話も何だか総務省のご指導か、ゼロ円ケータイというのが無くなったような、実質的にはあるような、以前と勝手が違うぞ。



FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/05/01 20:09】 | 投資
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。