2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆうべのNYは更なる下落だった。

IVVの124.68とか、EFAの66.18とかは、三月から海外ETF投資し始めて今まで見たことのない安値だ。

--------------------------------------------------
Symbol  Trade   Change  % Chg  Volume
 IVV  124.68   2.81  2.20%  4,145,892
 EFA   66.18   0.87  1.30%  12,121,711
 EEM  127.62   2.63  2.02%  29,824,759
 TOK   42.14   0.67  1.57%  6,515
 GSG   71.55   0.45  0.62%  445,423
--------------------------------------------------

当然、昨年から投資信託のドルコスト平均法とかで海外株式インデックス購入してた人達もダメージ味わってるよね?それとも今月は安く仕込めるという事で、いつか市場が持ち直した時に「結果オーライ」って事で、気にしないのかしら?

こんな時に、手持ちのドルでチャチャッと仕込めるとかっこよいのだろうが、残念ながらドルが無い。(し、今更両替して買い増すの?という気も。下手なナンピンって言うじゃない!?)

正直に手持ちのETFの購入価格を書くと

--------------------------------------------------
 IVV 128.6~139.1(平均=133.5)
 EFA 68.70~76.00(平均=72.6)
 EEM 126.3~148.1(平均=138.7)
 TOK 42.9~44.98(平均=43.3)
 GSG 56.99~60.00(平均=58.4)
--------------------------------------------------

辛うじて、GSG(エネルギー)だけがプラスで他は全て赤字になっている。
より少ない手数料で全世界ポートフォリオに分散して長期投資をするという事を実行した結果というよりも、途中経過なので、そう悲観はしていないけれど、ポートフォリオ管理表の「海外株式」欄が赤字になってるのが少しだけ気分が悪い。(勿論、トータルが黒字でかつ、凸凹しつつも、均すと徐々に増加していれば個々の赤字は「善し」なのだけれど)




幸い、外貨で益(含み益含む)が出てるので、やせ我慢ではなく精神的には少し楽だ。本当に外貨に資金を割り振っておいて良かった。(現在12ペアに分散してるのも良かったかも)

世界経済の継続的な成長を期待してます。


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/07/10 10:34】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。