2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝目が覚めてトイレに起きた時に(歳をとると朝目が覚めてしまうのだ)、何か胸騒ぎがしてPCを見てみると、ぐーんと円安方向に振れていた。ありゃりゃりゃ、夕べショートしたまま寝てしまったポンド円がしっかりストップに引っかかってしまっていた。まだ間に合うかなとそれからショートしなおして出勤前に半分だけ取り返した。

今朝の状況は、(今週中としては)海外株、国内株、外貨の三点が下げ止まって上げかけてる状態かな?おかげでFX以外の損益もプラスに転じつつある。

FXだけど各通貨の位置付けを自分なりに整理してみた。
グラフは昨日の終値を100%とした時の各外貨円クロスの3月からの推移。



■トルコリラ
 高金利通貨の代表格。現在はSwap-3号の主力。円クロスだけでなく、ドルストレートの売り等も含めスワップ金利のほぼ半分がトルコリラ絡みのペアから上がってきている。がんばれ!リラ!!

■南アランド
 洞爺湖(原子力発電)サミット後、上げてきている。エネルギー不足ということでポジションを減らしてきたのだけれど、もっと持ってて良かったかもしれない。

■ニュージーランドドル
 元々(Swap-1号、2号の時代)はスワップ狙いの主力で増やしてたが、今はトルコリラにその地位を奪われた。とは言え、いまだに時価ベースで三割、スワップ金額で二割を占めてるので、下落しないでがんばって欲しい。

■オーストラリアドル
 100円を超えて、レート差益を稼いでいる。今は高いので増やす予定はなし。現状維持

■ポンド
 初期は、スワップ狙いで恐る恐る買ってみたけど、今は完全にトレード用通貨。GBPJPYとGBPUSDの売りで、買ったり負けたり。。。。と言う感じか。

■ユーロ
 ドルの暴落リスクをヘッジするのだ!などと考えて初期に買ったきり。現状維持

■米ドル
 FXではドル円のポジションは持っていない。トルコリラやランドでドルストレートを売っている。
 海外ETF等ドルベースの資産を持っているのと、他の通貨も基本的にはドル円の関数になってしまっているので、積極的にドルは売るようになっている。とは言え、ドル安(円高)になったら、含み益は減るけど、仕込み時、ドル高(円安)になったら、含み益が増えて、買いはお休みという雰囲気になっている。

どうあれ、今後四半世紀以上ににわたる、世界経済の健全な発展を望んでおります。


スポンサーサイト

【2008/07/18 11:08】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。