2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はグッドフライデーで米国株式市場がお休みと聞いて、緊張感が緩んでしまった。
今思っている、200万円の賢い投資法に関して書く。

あ)カブドットコム証券に口座を作る。Webで申し込んで書類のやり取りで数日かかるので早めにね。

い)日本人なら、日本株の復活を願って、TopixのETF(1308)を1000口買う。投資信託にもTipix連動型のインデックスファンドがあって、投資雑誌には信託報酬が1%未満なので「おすすめ」と載ってるが、ETFなら更に一桁安いので「超おすすめ」。長期保有なので、販売手数料は気にしない事。

う)出来れば安い日に買いたいけど、まあ昨年1800円してたのが今年は1200円程度まで下がってるので、暦の縁起の良い日に買ってしまう。

え)約定して、受け渡し日が来るまでに何日かかかるので待ちながら、外国為替を勉強しておく。

お)受け渡し日が来たら、このETFをFXの担保に入れる。 もし、前日の価格が1200円だったら、七掛け評価なので1000口で84万円の担保になる。口座にある現金約80万円もFXの証拠金に入れてしまおう。

か)これで現金80万円+株式80万円で合計160万円までFXを建玉出来ることになった。あとはEURとAUDを中心に好きな外貨を持とう。仮にEURを1万通貨とAUDを2万通貨持つとすると、約330万円相当。160万円の証拠金に対しては2倍強の「低レバレッジ」。これが、他の証券会社だったら、現金80万円が証拠金なので同じ額でもレバレッジが4倍強になる。ね、カブドットコム証券のほうが「安心」でしょ。

(※気張って、EURを10万通貨購入しちゃうと千五百数十万円相当。カブドットコム証券ならレバレッジ10倍弱だけど、他社だと20倍弱で、2倍リスキーってことよね。)

き)ということで2倍安心してカブドットコムに置いておくと、日本経済の復活と欧州と豪州のの発展にしたがって200万円が増えていくのさ。

そう言えば、「日本株+海外債券でフリーランチ投資家になろう!」と岡崎本に書いてあったけど、この組み合わせじゃだめかな?

※ちなみに例によって、これは「思考実験」であって、この通り実行して何が起きても責任とれません。投資は自己責任でね。


フリーランチ投資家になろう!フリーランチ投資家になろう!
(2005/04/08)
岡崎 良介

商品詳細を見る
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/03/21 15:56】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。