2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みなので、「人生と投資のパズル」をもう一度読んでみた。行動ファイナンス=行動経済学の本だ。前回だーっと読み飛ばしてしまったが、最終章「7.バイアスからの開放-行動経済学の応用」の章に、タイプ別助言として

 ギャンブラーのための助言
 投資家のための助言
 ファイナンシャル・プランナーのための助言

と3分類されたそれぞれ20項目くらいの箇条書きの「助言」がまとめてあって、これは本当に紙に書いてPCのディスプレイの横にでも貼っておきたい助言集だ。この本を手にとって、その日から自分の投資(や投機)に役立てたいと思うなら、七章から読むのが効果的だろう。 


人生と投資のパズル (文春新書)(2004/02/22)角田 康夫商品詳細を見る「人生後半戦のポートフォリオ」という本をamazonで注文しようとしたら、リコメンドされて、つい買ってみたらとても良い本でした。行動経済学とか行動ファイナンスという分野の入門書でちょっと問題と解答風になっていて楽しみながら読めてしまうのだけど、時々数学が面倒なところは飛ばしてしまっても大丈夫だ。内容の説明のかわりにキーワードだけ列挙すると・...
Books ~人生と投資のパズル~



※ところで、私には二人の娘が居るのだが、姉は楽しみを後にとっておくタイプ=すなわち好きな寿司ネタを最後にとっておくのだが、妹は正反対に楽しみを先に選ぶタイプ=すなわち好きな寿司ネタから食べてしまうという風に行動が全く逆なのがおかしい。多分、将来自分たちで投資やら運用をするときが来ても、まったく違った行動をとるだろう事が想像されるが、矯正(?)する必要は無いだろうが、それぞれもう少し多面的な発想を促すべきだろうか?

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:投資に役立つデータ - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/08/18 17:19】 | Books
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。