2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝の日経本紙にマネー月刊誌4誌の広告が仲良く並んでいた。
特集だとか記事タイトルだとか付録だとかではなくて、広告上での登場人物名だけ書き出してみた。

---------------------
■日経マネー ¥650 日経BP社
  田中義剛
  森下千里
  勝間和代
  内藤忍
  澤上篤人
---------------------
マネージャパン \700 角川SSコミュニケーションズ
  大島和隆
  ジム・ロジャーズ
---------------------
■ネットマネー \650 廣済堂出版
  秋元康
  澤上篤人&ジャン・フランソワ・カントン
---------------------
■ダイヤモンドザイ \700 ダイヤモンド社
  澤上篤人vs J・F・カントン
  イエスパー・コール
  春山昇華
  岡崎良介
  竹川美奈子
---------------------

&とVS で差別化されてるのかな????澤上篤人とJ・F・カントンって。

澤上篤人は毎月のように雑誌に登場してるけど、原稿料を貰って記事を書いてる立場なのか、それともお金を払って載せてる立場(広告)なのかどっちなのだろうか?
勝間和代は自著の中で、四季報買ったり、書籍読んだり自分で情報を研究するコストを考えたら投資信託の手数料は高く無いと書いていたけど、といいつつ、自分の本も買わせ、雑誌も買わせて結局もっと出費させてるじゃんと絡んでみたりして。。

ところで、何故同ジャンルの月刊誌の発売日が同じ日に集中するのだろうか?むしろ後発のところは半月ずらすとかしたほうが御客が居そうな気がするのだが、そうでもないのかな???

ちなみに多分、今月、自分はどれも買わないと思う。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:投資に役立つデータ - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/08/21 10:01】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。