2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚から以前読んだFX本を取り出して、パラパラめくっていた。「上げるときはゆっくりだが、下げるときは一瞬で下がる」という話しが出ていて、なるほどそうだったと思い出した。


FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?  利回り100%の外貨投資戦略FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか? 利回り100%の外貨投資戦略
(2007/02/22)
松田 哲

商品詳細を見る


そこで、はっと気づいたのだがけど、現在持っているFXのポジション、逆指値せずにほってあるものばかりだ。高値掴みしたと思うものは決裁売りを注文したけど、他は「より安く買い増す」事に夢中で、急に相場が下げる事を全然考慮していなかった。
危ない危ない、つい先週、ドルもポンドも急落したのを目の当たりにしてるじゃん。慌てて逆指値を入れた。いくらで入れるかの基準は決めてないので、何となく3円くらいで入れておいた。(3万円以上の損失は精神的に無視できない気がするので)
セントラル短資は注文入れられたけど、カブドットコム証券は注文を月曜朝まで受け付けていなかった。しかし、カブドトットコムのシステムだと買った価格から8円とか4円下がるとロスカットされる仕様なので、自動で止まる。。。。いやいやちょっと待てよ、8円だったら、8万円失うまで止まらないって事か。いかんいかん、明日逆指値しとかないと。。

どうあれ、本で読んでわかった気になってても、実際自分で投資してみるまで身についてない。。

スポンサーサイト

【2008/03/23 23:43】 | Books
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。