2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月に入った。九月は世界経済が大変な事態となった。夕べも何回も目が覚めて、その度にiphone3Gで、ニューヨークの株価や為替を確認してしまった。アメリカの下院議員みのもんたの話は別個に書くとして、投資実績を総括してみよう。3月中旬からはじめた投資は半年後結構ひどい結果になっている?



いつものグラフ。金融商品に投資した総額を100として、4分類したクラス毎に損益状況を比較できるようにグラフ化したもの。昨日9/30の東京マーケット引け後の15時半時点の状況だ。

仮に総額を100億円とすると
 国内ETFに32億円投資したら、3億円の損だった。
 海外ETFに39億円投資したら、7億円の損だった。
 海外債権の投信に3億円投資で、ちゃらだった。
 外国為替(FX)に26億円投資して、1億円の損だった。
都合100億円に対してマイナス11億円となってました。(含み損益を考慮)

ブッシュ馬鹿じゃないので(というか、馬鹿だけど、もう任期満了だし、共和党下院議員よりもまともだから)、演説したりで一夜明けた今朝(10/1 9:30)は



同じく仮に総額を100億円とすると
 国内ETFに32億円投資したら、3億円の損だったのがほぼかわらず。
 海外ETFに39億円投資したら、7億円の損だったのが5億円に損が縮小
 海外債権の投信に3億円投資で、ちゃらだった。
 外国為替(FX)に26億円投資して、1億円の損だったのが、プラス1億円に黒字化
都合100億円に対してマイナス7億円となってました。(含み損益を考慮)

ということでした。
参考までに6月前半までの状況を同じグラフに表現してみると



 国内ETFに27億円投資したら、3億円の益だった。
 海外ETFに40億円投資したら、4億円の益だった。
 海外債権の投信に4億円投資で、ちゃらだった。
 外国為替(FX)に29億円投資して、12億円の損だった。
都合100億円に対してプラス19億円となって(含み損益を考慮)、
「ああ、あの時点で全部現金化してタンス預金にしておけばよかったのに」
と悔やみ事言ったら、それこそみのもんたと一緒になってしまうわけで、長~い長期投資の
初年度にでっこみひっこみを経験できたことをラッキーと思おう!と自分に言い聞かせている。





スポンサーサイト

FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/10/01 10:44】 | 投資実績
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。