2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一旦立ち止まって、頭を冷やすことにした。

もし会社や、商売だったら、景気がおかしくなってきたり、市場の価格が下がってきたりしたら、仕入れ値がどうのこうの、利益率がどうのこうのと言ってるより、多少赤が出ても、価格を下げて在庫を売りはらって現金回収しようとするだろう。現金が不足すると資金繰り倒産しかねないからね。

一方で、アメリカの投資銀行が業態変化を起こしていて、市場のルール事態がもしかすると変化するかもしれない。去年本で読んだ知識だけを信じて「分散投資、分散投資」と呪文を唱えているだけでは足りなくなるかもしれない。

というわけで、一旦現金を作るぞ。在庫処理。

まず、スワップ狙いのFXポジションを縮小した。(というか同じレベルに再構築することを一旦見送ることにした)最盛期の数分の一で当面良しとした。

次に、日本株のETFを半分に減らした。(俺が売ったおかげで、寄り付き後値を戻したでしょ!?)

そして、今夜海外ETFなのだけど、病院の消灯後、巧いこと売れるかな?やや自信が無いのだが。

※間違っても安い値札に目が眩んで、買い増したりしないように気をつけよう。



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/10/07 20:32】 | 子供達の為のお金の学校
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。