2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もまた、下がるべくして下げている。もちろん日本株式。今朝は円高、またしても100円を切っていた。手持ちも株式や商品をすべて処分して、一旦退場しようかという気持ちが頭をよぎったとき、どう考えればよいのか?

あ)かつて、日経平均が4万円、3万円、2万円であったときに仕込んだ株式は、決して値を戻さなかった。故に、今9000円を割った日経平均がこれから7000円、6000円と下げることや、当分1万円台に復活しないことだってあるかもしれない。今売れば損は確定するけど手元に現金がまだ残る。明日になればいっそう減るかもしれない。「損切り」して再度チャンスを待とう。

い)今日も下げた。しかし、明日はもっと下げるかもしれない。だったら、今日のうちに売って、明日買い戻せば差額が儲かるはずだ。だけど、もし、明日逆に上げてしまったら損しちゃうし、またストップ高とかで買えないかもしれない。。更に、明日買い戻したら、明後日更に下げないとは言い切れないわけで、タイミング良く売買できなければ、損が拡がるだけだ。逆にそんなに調子よく売買できるならとっくに大もうけできてるはずだし。。。

う)3年、5年、10年先まで想像したときに、今日の値段より上がってる可能性は50%より高いだろう。
だとしたら、別に借金して始めた株ではないし、当面は給料の範囲で生活できるのだから、焦らずにキープしておこう。もし仮に今より下げたとしても、株価指数がゼロになることは無いだろうし。

----------
重要なのは上記 う)に書いたような、
 (1)借金が無くて
 (2)何年か塩漬けになっても生活に困らない
という資金で株式投資をしているかどうかだろう。更に、今日現金化しないで居たために、チャンスが到来したときに資金不足になる可能性が心配かもしれないが、そもそも、そんなチャンスにうまい事立ち回れないと思うから、インデックスへの投資を選んでいたわけで、ありもしない(出来もしない)一攫千金のチャンスに備えて、下手なタイミングで売っても仕方ないだろう。

一方で、レバレッジをかけているFXに関しては全くそんなことは言ってらんないわけで、有無を言わさず強制ロスカットされてしまうわけで、スッカラカンにならないためにも、ストップの管理が重要だと、判っちゃ居るけど、自分に甘いのだよな。。。反省。



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/10/16 12:45】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。