2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経平均は、ダウよりナスダックに反応しやすいんですよ~んなんてテレビで岡崎良介が言っている。ダウが上げてナスダックが下がってて、日経平均が下がって始まったことを受けてのコメント。
株とかにあまり興味や理解の無いうちの奥さんでさえ、最近あんまり「史上何番目の下げ」とかニュースに出るものだから、「こないだ全部売ったからうちは関係無いんだよね!??」と心配そうに聞いてくるようになってしまった。こういうのが消費マインドの低下という影響なのだよなきっと。
「ああ、全部売ったけど。。(その後買い戻しちゃったけど。。。」と曖昧な返事してるけど、心配なんだろうなあ。。。

このところ、EURJPYでスキャルピングって言うんですか?細かい値差をとってくような売買を繰り返してたのだけど、勝てる日もあれば負ける日もあって、それより何より10万円勝てば勝ったで、先月から百万円単位で失ったスワップ狙いのポジションの事が悔やまれて、結局ハッピーに成れなかったり、じっとチャート眺めてるのも時間が無駄かもと思えてきて、そうは言っても下げ相場で稼げるんだから地道にがんばろうとか、専業トレーダーさんは大変だよなとか色々考えてしまう。

夕べ眠くなって仕方なく指値と逆指値して寝て、朝になったら指値がはまっててああ良かった。

今日は雨で散歩にも行かないので、朝食後もユーロを売ることに。指値してテレビ見てたら6万円とれました。もしかして、これって必勝法?(なわけないか?)

ちなみに方法はすごくシンプル。
ローソク足と平均足、それぞれ1分足を表示して、ここからはしばらく下げが続くぞと思った瞬間に売り注文して、後は指値/逆指値して約定するのを待つだけ。。。。

さて、今夜は「朝まで生テレビ」の日。(月末がやってきました)

田中秀臣のブログにほとんど同意だ。
-------------------
■[話題]朝まで生テレビ!「激論! 世界金融危機とニッポン」
 僕の周囲でも今日の出演人選にかなり失望感がある。せっかく何十年に一度あるかないかの歴史的事件を議論するのだからもっと気合の入った人選ができないのだろうか?

 出演者はここから→http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/video/0810/program.html

 パネリスト: 伊藤達也(自民党・衆議院議員、元金融担当大臣)

大村秀章(自民党・衆議院議員、厚生労働副大臣)

高木陽介(公明党・衆議院議員、党選挙対策委員長)

枝野幸男(民主党・衆議院議員、衆院決算行政監視委員長)

大塚耕平(民主党・参議院議員、党金融対策チーム座長)

大門実紀史(日本共産党・参議院議員、党参院国会対策副委員長)

荻原博子(経済ジャーナリスト)

勝間和代(経済評論家、元J.P.モルガン証券)

堀紘一(ドリームインキュベータ会長)

水野和夫(三菱UFJ証券チーフエコノミスト)

森永卓郎(経済アナリスト)

ヤスパー・コール(タンタロンリサーチジャパン代表、元メリルリンチ)

-------------------------
大村秀章ってワーワー言って相手の話をさえぎることしか出来ないのに、、、、って、当に朝生向きな人選って事か。。。。

スポンサーサイト

【2008/10/24 09:52】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。