2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎週末、同じことばかり書いていて全然進歩が無いと思うけれど、それでもやっぱり自分に言い聞かせておきたい。今週も、恐怖心にかられたり、早まって「底で売る」事が無いように。

ジョン太郎氏の記事 該当者の方へ
「この相場で売るくらいなら投資なんかやめたほうがいいんじゃないでしょうか。
 ~
下がるたびに売ってたら長期投資なんて不可能です。」

そうそう、こういうメッセージを待ってたんですよ。該当者は私です。昨日、恐る恐る口座別の残高を確認して、海外株(ETF)と日本株(ETF)が想像以上に値下がりしてて、時価総額がものすごく減っていて、更に相場がどうなるかわからないというような記事を読むと、「売らずにがんばる」決心が鈍って、誰かに「馬鹿じゃねーの」ときっぱり言って欲しかったのですが、ジョン太郎氏に書いてもらって本当に良かった。

以下、しつこく今週の自分に向けて(投資はあくまでも自己責任)

あ)投資すると決めたのは、自分の今後四半世紀を見通した中での判断だった。

い)FXの損は、自分の失敗だし、レバレッジをかけていたし戻らないモノは戻らないと理解してるはず。

う)株は今週も絶対下がると言えるなら、売って、上がる直前に買い戻せば良いのだけれど、多分それを正確に行うことは自分には不可能だ。(実際先々週それをやろうとして数十万円損をした)

え)市場から資金を引き揚げてしまったら、上昇時の利益を見す見す逃すことになる。

お)借金をして株(ETF)を買っているわけでは無いので、冷静に考えれば「恐怖感」だけが問題。
  しかも、ライブドア株とかを買ってるわけではなくて、インデックスのETFしか買ってないのだから、流石にゼロ円になる事は無いだろう。

か)今後年末から来年にかけて、仮に日経平均が7000円を切ろうが5000円になろうが、5年後や10年後に10000円とか13000円とかになってれば良い話であって、その間の価格がどうなろうと当初の自分の計画上は問題は無い。

き)むしろ心配すべきは、本業(サラリーマン)の自分の仕事(失業)やら給料やらボーナスがカットされたり失う事で、そこを守る努力のほうが、上記(う)の心配をするよりも効果が大きいはずだ。

という事で
■日本株(インデックスのETF):すごく下げてるが(ので)売らない
■海外株(インデックスのETE):すごく下げてるが(ので)売らない
■投資信託(海外債券インデックス):ちょと下げてるけど売らない
■外貨FX(スワップ狙いの高金利通貨買い):今はポジションを持たない
■現金:値段が下がってる何かを買いたいけど、少し冷静になって衝動買いしない。

というのが今週の方針。そうそう大事なことを忘れていた。
本業(仕事)を一生懸命やること
節約を忘れないこと




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/10/26 22:59】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。