2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景気対策として、住宅減税だって。。
本当にそれで良いのか?

引っ越すから100万円以上の買い物をするから消費の底上げ効果があると。まあそうかも。
しかし、「持ち家」政策が本当に国民一人一人のためになるのだろうか?
以前と違い、住宅を購入しても、値上がりが見込めない中で本当に若い人達の人生設計にプラスに働くのだろうか?

自分の立場で言えば、何であれ世の中の景気が一瞬良くなってくれたら「良い」けれど、結果5年後10年後に住宅ローンを払い続けられない人が発生して問題になるのはいやだな。だって、これから失業者や給料カットが発生するよね。

むしろ、良質な賃貸住宅を普及させるような社会つくりを国が主導したらと思うのだけれど、そしてその分を株だとかに投資に向けてもらうほうが正しくないか?

住宅ローン⇒銀行の儲け、銀行の救済?
新築住宅⇒建設業、マンションディベロッパーの救済?

でも作って売るだけなら賃貸住宅でも同じだよな?
マンションを買ってしまうから、住み替えしたくても、身動きできなくなるわけで、賃貸住宅を3年毎、5年毎に借り替えてくれたほうが、消費全体に好影響ではないかしら?????




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/10/28 23:20】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。