2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生総理だけの問題ではないかもしれないが、政治家は自分の言葉をもっと大事にしないと、本当にもったいないと思うのだ。今日3時前に株が急落した。日銀の利下げが0.25%でなく0.2%にとどまったからだと言う。おまけに賛成4、反対4に割れて、白川総裁の議長権限で0.2%に決まったと伝わった。がしかし、実態は3人は0.25%を主張したがために反対票と言うことになったのだと言う。マーケットは本当にデリケートだ。もし0.25%であっても材料出尽くしということで利益確定売りが出たのかもしれないが、伝わり方が違っていたらとくやまれる。

で、脱線したが麻生総理だが、今日になって3年後の消費税アップに関する言い訳をするくらいなら、昨日あんなに偉そうに言わずに、もっとデリケートな言い方をしていればよかったのではないか?

首相みずからが経済対策を説明する。。大いに結構。ただ、言い方がもったいなすぎる。みんな財務省の消費税アップの筋書きだと見透かしている。おねがいだからもっと上手に騙してよ。。

それ以前に2兆円のばら撒きも、高速道路の1000円も、住宅ローン減税も知恵がなさ過ぎる、作文した人。

3年後の増税⇒財政再建だとか、今年のGDP成長率だとか目先の自分の成果しか眼中にないように見えてしまう。10年後、20年後、50年後の日本をどうするかを見通した中で知恵を出して欲しいな。

政治家も役人の都合に乗せられないように、勉強しろとは言わない。本質を見つめて考える頭が欲しい。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

【2008/10/31 22:41】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。