2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月の投資結果をまとめてみる。

一言で言えば、「投資」開始1ヶ月目で試行錯誤の連続であったけれど、総合的には大した損も無くむしろ「利益」さえ出てしまった。これはひとえに「去年以前からの資産がゼロだったこと」につきるわけで、また3月中旬の急激な円高(95円台)のタイミングにギリギリ間に合って、「投資」出来た事が他の損をカバーしてくれている。

「買いのタイミング」が結果に大いに影響する事を実感していて何とか上手い事やりたいと願うのだけど、一方で素人が「タイミング」を見極める事など多分「出来ない」事も頭では理解しているので(気持ち的には「欲」が押さえられないのだが)「ラッキーだのみ」はホドホドニと思っている。

■国内株式
 TOPIXのETF。3/31時点では若干のプラス(数万円)
■海外株式
 ETF ドルベースで、若干のマイナス(数百ドル)
■海外債券
 投資信託 プラマイゼロ
■外貨(FX)
 (1)長期保有ポジション ちょっとプラス
 (2)スワップ金利合計 3万円くらい
 (3)精算したポジション マイナス5万円
 (4)デイトレード(4回)  プラス20万円強

ここで、疑問。月末の時価総額を記録しようと思ったとき、何時が良いのだろう。国内株式市場は15時で閉まるけど、海外の市場はその後開くし、為替は24時間動いているし。
Moneylook3で全てが上手くデータ取得できてその瞬間の残高合計が一発で出れば良いのだが、残念ながらまだそこまで出来ていない。順に口座の金額を調べてエクセルに入れてくうちに変わってきちゃうのだよな、為替とか。
ちなみに、気が付けば(恥ずかしいけど)NZDが30万単位もロングポジション持ってしまった。レートが1円変化すると30万円変化するんだよな、円換算の時価が。まあ、やばくなるまでこのまま保持して来月はスワップをたんまり貰ってみようか、あるいは早めに高く買ったのを損切りしてポジション圧縮するか迷うところ。

4月も引き続き基本に忠実に
  1.ETFが安かったら、買い足す。(高値つかみをしないこと)
  2.EURとGBPが安かったら、買い足す(高値つかみをしないこと)
  3.デイトレできそうなタイミングがあったらしてもよいけど、深追いしないこと
  4.ハイリスクな通貨(トルコリラとか)にチャレンジしてみる。(少しだけ)
  5.もし、資金が余ったら、海外債券の投資信託を買い足す。

と思っている。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/04/01 11:21】 | 投資実績
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。