2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も残り一ヶ月。来年の確定申告の心配も杞憂に終わりそうな雰囲気だが、果たしてこれからどうなるのか?どうしておいたら良いのか、考えても考えても答えが出そうに無い。

多分、人それぞれ置かれた状況が違うので答えは一律ではないと思うのだけれど、例えばこんな場合、どうしておくのが良いだろうか?

【状況】
将来(10年以上先)に備えて、余剰資金を国内外の株式インデックスにETFで分散投資していたが、今回の金融危機で時価総額が四割減になっている。当然現在は仕事による収入があるので「余剰資金」と言っているが、将来はこれで暮らしていかなければならない。

【意見A】
今回の金融危機によって、世の中の仕組み事態が変化し、過去の経験(株に長期投資しているのが正しい)も信じられなくなる。10年後に投資金額以上に時価が回復する可能性は低いし、この先1年で現在よりも更に株価が下がる可能性も高い。故にまず全てを売り払って、現金化して次の投資機会に備えるべきである。このまま持ち続けても時価総額が下がるだけであるよ。

【意見B】
今が買い時。買い増せないまでも、今手放すのは「高く買って安く売る」事でしかなく全くの損。
10年後に今の時価を上回るであろうことは確実なのだから、持ち続けるべき。

【意見C】
手持ちのETFの中味をも一度吟味して、将来下がりそうなカテゴリーの物は処分してしまう。

--------------------
そうか、まず、全て売却して現金化したと仮定して、今から10年何にどう投資したいかを考えればよいのか。今TOPIXを買いたいか、日経平均を買いたいか、米株式を買いたいか、欧州株を買いたいか、新興国株を買いたいか、資源株を買いたいか、エネルギー株を買いたいか?????

すると多分自分はやはり全世界株式ポートフォリオを作りたいと思うだろうから結果現状維持もしくは若干のリバランスということになるのかな??



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:資産運用に役立つ! - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/11/30 13:27】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。