2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iphone3G用に、新しい外付けバッテリーを注文したのは先日書いたとおり。それが、今日届いた。
想像してたより、小さくてスリムで、いい感じだ。で、早速充電して試してみようとごそごそやり始めたら、机の上に放置されていたeneloopが目に入った。



eneloopKBC-LS3でiPhone3Gを充電する実験に関して、そのままになっていたので追記。腹ペコiPhoneの充電には失敗したので再度条件を変えてチャレンジ。(先に書いておくと、今日の実験の成果はあんま無かった)あ)eneloopをフル充電。iPhone3G付属のACtoUSBアダプターで充電できた。  充電できると青いLEDが点滅から点灯に変わる。い)iphone3Gはフル充電からちょっと使って、75%位のちょい小腹がすいた程度の状態う)eneloopとi...
追記:eneloopKBC-L3SでiPhone3Gを充電してみる



そうそう、ちゃんと調べずにLS3という小さいのを買ってしまって、iphone3Gに充電できなかったんだよなあ。。。。と遠くを眺める。
eneloop問題にはとっくに結論出ていて、LS3は買ってはいけないというのはもうiphoneユーザーの常識。eneloopだったら、大きいほうのLS2。
でも、LS3捨てるわけにもいかないし、誰も欲しがらないしどうしようかと思いあぐねていたのだが、今回購入したJTTのマイバッテリースリムと並べてみてちょっと実験してみる気になった。

写真のiphoneの上にある白いのがeneloopで、隣にあるのがマイバッテリースリム。



MybatteryとeneloopLS3を比較してみると

容量 1850mAhに対して2500mAh
出力 DC5Vで電流は不明に対して、eneloopは5Vで500mA。この500mAがネックになってLS3ではiphoneが充電できなかったわけだが、今回のマイバッテリーはiphoneが対応機種になっているということは700mA以上とかあるのだろう(?)

で、今から実験しようと思ってるのは
(1)eneloopでマイバッテリーを充電できるか?(上の写真は充電中。なのでケーブルがつながっている)
(2)マイバッテリーに付属していた諸々のケーブルとLS3を組み合わせて、ケータイだとかDSiだとかを充電できるか?

まあ、何とかeneloopを捨てずに有効活用しようというわけで、後日続きは報告予定。


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS

【2008/12/20 19:32】 | iPhone 3G
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今更なのだけど、2.2のソフトウエアアップデートにより、500mAの機器でも充電できるようになったらしいという記事を見つけた。 えー??新し...
2009/01/07(Wed) 09:45:11 |  2033年を幸せに迎えるためのプログレッシヴ投資Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。