2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社に新入社員は入ってくる。早速保険のおばちゃんたちが色めき立つ。流石に今時オフィスの中に勝手に入ってくるおばちゃんは居ないけど、昔は平気で入ってたな。(会社の株主だったりするんだよね、保険会社って)
今でも昼休みに食堂の前とか、定時後の応接フロアとかで保険のおばちゃんたちが飴とかTVガイド持ってお客を待ってたりする。しかし、今時、新入社員に保険の勧誘なんか勝手にさせておいて良いのか?更には後輩をおばちゃんに斡旋する馬鹿先輩まで居たりして。

保険は「逆宝くじ」。できることなら加入せずにすませたいし、あのおばちゃんたちの収入分だけ僕らの保険料からコストが出ているだろうことは想像できるわけで、だいいち、20代の青年たちに死亡保険金何千万もかけていったいどうする?医療保険だって、いざとなれば何十万円か貸してくれる処はあるわけで、ましてや1年目のボーナスを浪費せずに貯金できたら、もうそれで「いざというときへの備え」は良いのではないか?


お金をふやす本当の常識―シンプルで正しい30のルール (日経ビジネス人文庫)お金をふやす本当の常識―シンプルで正しい30のルール (日経ビジネス人文庫)
(2005/10)
山崎 元

商品詳細を見る


山崎元さんの本には大変お世話になってます。ただ、当時TOPIXインデックスもおすすめしないと書いていた氏だが、最近はETFをすすめる記事を書いていたりして、若干は楽天証券の立場も反映しているのだろうか。それはともかく、この本も大変安くて為になるので、保険のおばちゃんとかの餌食になる前に、是非新人君には読ませたい。

※しかし、昼休みに保険のおばちゃんからTVガイドとかもらって、新製品の説明とかを真剣に聞いてる人物をみると、どんな仕事できる人でもちょい心配になってくるぞ、余計なお世話だけど。
ちなみに、私も結婚するときにすすめられて、死亡保険金が何千万円とかの定期付き終身保険に入ってしまった口です。本当に頭悪くてすみません。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
ちなみに、私も結婚するときにすすめられて、死亡保険金が何千万円とかの定期付き終身保険に入ってしまった口です。本当に頭悪くてすみません。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/04/04 11:20】 | Books
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。