2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆうべ、GEの決算から米国株が下げて、ドル安⇒円高になって一週間のマーケットが終わった。
週末でマーケットが止まっているし、ちょうどよいので投資一ヶ月(丁度3月12日にTOPIXのETFを購入したところから、僕の投資が始まった)を総括してみる。

。。。と思ったら、カブドットコムのFX口座も、イートレード証券もメンテナンス中でサーバーにアクセス出来ず、最新の口座残高を確認できない。仕方ないので手元のエクセルで管理しているベースで総括してみる。

<全体として>
国内株式ETF、海外株式ETF、外国債券投資信託、外貨FXの4種類に分散して投資してみた。一ヶ月の中で価格が乱高下する間(12年ぶりにドル99円突破とか)の投資で、中々スリルに満ちていたが、オーソドックスな長期分散インデックス投資プラスプログレッシブな実験を少々という当初予定通りすることが出来たと思う。各資産への投資実績は下記の通り。

         国内株 海外株 海外債券 外貨   合計
■投資比率  31%   37%   5%     27%   100%
■時価比率  30%   36%   5%     30%   100%
■利益比率  21%    4%   2%     73%   100%
■利益率   3.7%   0.5%   2.7%   14.6%   5.4%

利益率は累計の投資金額で今朝時点の推定時価を割ったものなので、数字自体にあまり意味はないと思うけど、要は今朝の外貨や米株の下げにもかかわらず、現状ではマイナス(赤字)にならずに済んでいるようだ。
外貨FXは証拠金ベースなので、レバレッジの分、利益率が高くなってると思う。

◎国内ETFについて
 基本は1308(TOPIX連動)だが、途中1330(N225)と1328(金連動)を最低量だけ購入してみた。
 N225の動きはTOPIXと大差ないが、1328は逆の動きをしていて、「ああ、分散されてるな」と思えたが、相場感が全くわからないので、最低量にしておいた。
 口座は基本的にはカブドットコム証券。そしてFXの担保にしてある。
 
◎米国ETFについて
 楽天証券とイートレード証券に分散して5種類のETFを購入した。
 IVV、EFA、EEM、GSG、TOK
 ドルベースでは利益率は+0.8%。内訳ではEEMとGSGが利益率高く(3月に少量買ったまま、買い上がらなかったのと、夕べの米国株下げの中でも下落が少なかったからだと思う)、IVVとEFAはほぼチャラで終わっている。
各銘柄の時価ベースの比率は
  IVV=37%
  EFA=40%
  EEM=6%
  GSG=5%
  TOK=11%
となった。TOPIXとTOKの2銘柄だけで、全世界株式分散が出来るとすすめる向きもあるようだが、当面TOKの流通量がもう少し増えるまで手控えようと思って、途中から買うのを止めた。(割高なのか割安なのかもわかりにくいし、というかわかないのだけれど)
 
◎海外債券投資信託
 これも、PRU海外債券マーケットパフォーマーという同じ銘柄をイートレード証券と楽天証券に分散して購入してしまった。
 当初、外貨MMFというものを購入するつもりで、マネックス証券にも口座を作ったのだが、現在のところ、一円も購入していない。

◎FX(外国為替証拠金取引)
 基本的には「スワップ狙い」だと自分の立ち位置は決めていたつもりだったが、一ヶ月のうちに何回かトレードして儲けたり損したりした。
スワップ狙いのほうは
 ・スワップ1号(カブトレード証券)
 ・スワップ2号(セントラル短資)
 ・スワップ3号(KakakuFX)
の3口座開いた。
三社三様で、特徴があるし、また他社の広告を見てももっと良い口座があるかもしれないが、当面はこの3社体制で1号から3号を育てていこうと思っている。

前に記事に書いた「スワップ派のためのFXポートフォリオ」のリスク分析ツールで分析すると、
              1号   2号   3号
■スワップリターン  6.72%  4.36%  9.93%
■推定リスク     12.12%  7.62%  10.66%
■シャープレシオ   0.55   0.57   0.93

となっている。スワップ2号は当初はスワップ1号と大差ない構成だったのだが、NZDのリスクをカバーする方法を色々考えていて(売れば一番早いのだけど、それじゃみすみすスワップ金利のチャンスを逃すことになる)、結局EURUSDとGBPUSDを追加で買って、リスクを低減した結果だ。為替を見ていて円高傾向になってNZDも下げている時に逆に上げていて、リスク低減できているように思う。

スワップ3号はシャープレシオだけ見ると「いいじゃん」と思うのだが、トルコリラ絡みの構成で当初相場観も無いまま目を瞑ってポジションを持って見る見る間に益が20~30万円も出てびっくりしたのだが、その後今度は突然逆に10万円以上マイナスになって、ようやく中身をみて「高く買ってしまったペア」と「安く売りすぎたペア」を発見して、一旦決裁して(損切り)してポジションを持ち直している。中々スリルがあるぞ。でも今のところ毎日5000円以上のスワップが出ているので更に様子を見ていこうと思っている。


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/04/12 12:38】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。