2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日あたりのスワップ金利が実績として1万3千円を超えた。これが続くなら、一ヶ月に40万円、年間480万円(税引き前)ということになる。やっと感覚がつかめて来たので、ポイントを自分のためにまとめておく。

1)スワップ金利など、為替の変動に比べれば取るにたらない小額であることを忘れるな。逆に言えば、そのスワップ金利を得るために取っている為替変動のリスクの大きさを忘れないこと。

2)為替がどちらに動くかは予測困難。自分の保持するポジションを長く維持するためには、「安く買う事」と「高く売る事」をこころがけるのと、十分な資金を口座に入れること。

3)ポジションは、盆栽のように手をかけてより理想に近い形に育てる。買いポジションの価格が自分の購入価格より下がったら、買い増す。そして相場が元にもどるのを待って、元のポジションを処分する。そうすればポジションの購入価格を低くすることが出来、もしもの変動に対する抵抗力が増す。

4)JPY売りの外貨買いポジションだけでなく、USD売りのポジションにも分散して置くことは、リスク低減に役立つ。EURUSDの1.5678という数字のどの桁が「幾ら」のインパクトか頭に入れておく。(一万通貨なら小数点以下2桁目、数字の6が1万円に相当する)1万通貨持つと、約160万円分リスクを持ったと認識すること。


スポンサーサイト

【2008/04/19 04:49】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。