2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意味も良くわからないまま、内藤本とか参考に「分散投資」と呪文のようにとなえつつ、海外債券の投資信託も買ってみた。



プルデンシャル-PRU海外債券マーケット・パフォーマーという定番のシティーグループ世界国債インデックス(除く日本)の動きに追随するというものだ。

100万口くらい買ってそのままにしてたのだが、今年に入って基準価格が盛り返してたようだ。今にして思えば、現金で持たないまでもFXの口座に突っ込んだ資金をこんな商品に振り向けておけば、損は少なかったのかな?と後だしじゃんけんで思うのだった。。。。。

ところで、海外債券の代用として外国為替(スワップ狙いのFX)をロングする意味は有りや無しやという議論がblogでもあったように思うけれど、結局イコールじゃないし、そもそもスワップ狙いのロング自体が機能しなくなってしまって、どうでも良くなってしまった。

これも差し当たりキープということで、いじらない。
スポンサーサイト

【2009/03/28 12:36】 | 投資実績
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。