2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年のリーマンショックを契機として、如何に資産を失ったかはよーくわかった。
では、いったい、今何ができるのか、何をすべきなのかを考えてみたい。

資金に余裕があれば、バーンと買い増すという手段もあるのかもしれないが、残念ながら手持ちの現金は限られている。であれば、何かを売って買い換えるという選択肢はあるのか、無いのか?

etf比較

手持ちの株式(ETF)銘柄を国内海外含めグラフにしてみた。リーマンショック後の10月を基点として価格推移を折れ線グラフにした。

GSG(エネルギー)はそこから更に▲40%となり、上がる気配もない。
EEM(エマージング)が一番上昇率が高いのは意外。
Googleはもう20%回復している。
同じ日本株のインデックスでも、1308(TOPIX)に比べて1330(日経225)のほうが上昇率が高い。

という現状を踏まえてどんな選択肢があるのだろうか?

あ)TOPIX(1308/1306)を日経平均(1330)に買い換える?
い)IVV(米株)を売ってEEM(エマージング)を買い増す?
う)海外ETFを売って、Google株に突っ込む?

違うな。。これはまさにリバランスの考え方に逆行するぞ。でも元々考えてたバランスが正しくなかったのだったら、変えるべきなのか??????



スポンサーサイト

【2009/05/10 09:31】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。