2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そう言えば、まだ投資を始める前、僕がコタツ投資家だったころ読んだ本には「リバランス」ってな事が書いてあった。曰く

1.どの銘柄に投資するかよりもどの資産クラスにどう分散させるかが重要ですよ
2.定期的に理想のバランスからずれていないかチェックして大幅にずれてたらリバランスしましょう

ってな話だった。

投資開始して一年と3カ月、現在のポートフォリオはこんなかんじ。



ふーん、意外に日本株、それも日経平均が多いのねという印象なのだが、だからどうなのか?
このままでよいと思えばよいし、悪いと言えば悪いかも。

そこで、リーマンショック前の8月のポートフォリオと比較してみる。
なるほど、海外株の比率が減ったのがわかる。あのときは米国株のIVVと欧州ほかの先進国株ETAで48%あったのが、今は37%まで比率が下がっている。



それぞれ絶対値としてどう変化したのかを棒グラフで並べてみたのがしたのグラフ。
TOPIXを売って、日経225を買ったりしてるので、価格の変化以外の要素もあるのだが、要はEFAが大きく時価を減らしてる。




比較0606


それで、リバランスするのかどうかなのだけど、どうしとく?


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2009/06/07 09:34】 | 投資実績
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。