2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日、CATVを解約した。と言っても、CATVのインターネット接続しか契約してなかったのだけど、何年か前に契約して、その後光ファイバ引いてからもなんとなく解約せずにいたのを思い切って解約しただけのこと。考えてみれば月々5千円強の料金だから、年間6万円超。これをもったいないと思うかどうかだけど、やっぱもったいないですよね。

几帳面な人が聞いたらあきれる話だと思うけど、こういう小さな(?)無駄、なんとなく払っている無駄なお金を一気に洗い出して清算するという意味では、不況や不景気というのは僕のようなずぼらには必要かもしれない・・・などと負け惜しみを言ってみる。



グラフは、TOPIXの2006年からの週次の終値のグラフ。だいたい日付が合うように重ねてみた。
ほーら、何だか、今年の後半もここからぐーんと下げて来そうな気がするじゃないですか!?

※きっと行動経済学に長けた商売人はこんなグラフも材料にしてうまいこと「商品」を売りつけたりするのだろうけれど。

実際現在の自分のポートフォリオで国内株式ETFの大半がTOPIXなわけで、下がると思うなら売っておけば良いだけなのだけれど、何故か売れないんですよね。

というわけで、どういう行動に出るかというと、去年までははなもひっかけなかったキャッシュバックキャンペーンで5000円欲しさに使う予定の無いFXの口座開設してみたり、焼け石に水なのだけど。

まあ、どうあれ、全体から見たら大した金額では無いけれど、それ自体を見たらノンリスクでお金が増える話なので、地道に作業しましょう。

------------
ところで、会社でも今年は去年以上に「経費削減」だとか、「予算審議」が厳しかったりする。あるいはボールペンの替え芯だとか、そんなもんケチってどんだけの金額になるんだろうと思うような事でもやってるのは、こういう時でないと「締める」チャンスが無いからなのだろう。

なのにもかかわらず、緊急経済対策とかで水ぶくれの予算請求する役所はふざけんなよ!
とか、話題はどんどんずれていくのだけれど、ともかく明日の都議会選挙は目を瞑って民主党に入れるしかないかと。。。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

【2009/07/11 23:34】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。