2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のテレ朝の番組での岡田発言をひっぱって「増税は許さないぞ!」とヒステリックに叫んでいる人もいる様なのだけれど、理解不能だ。

「言うなれば、「子どもを産まなければ増税するぞ」という脅しにも近い。ちょっと待って頂きたい。所得の再配分機能にもならないこんな理不尽な税源対策とは奇妙奇天烈ではないか?子どもを産む産まないの考え方や価値観は、個々の家族(夫婦)にある。それを国策をもって産めよ増やせという訳だ。」的な反応だったり


こんな有害無益な政策の財源として、わが家のような子供のいない家庭を差別する政策は、断じて許せない。 」と池田信夫のような賢くて影響力のある人までが興奮してるのは何故でしょうか。

自分は子供手当て賛成です。

「子供生まないほうが得で、子供生むのは損だから、私は「子供を生まない権利」を行使したい」だとか、「経済的に不安だから、子供を生みたくても産めません」等と若い人たちやそのまた子供たちの世代が考えたりすることが、この制度もしくはその改良版によって減るのなら大いに結構。もっと効果的な策があるなら、提案して欲しい。

何故なら、子供が生まれなくなって、子供が減る社会はとてもヨロシク無いと思うからです。

人口減は問題ではない。とか
少子化は問題ではない。とか
言う人は、子供が少なくなって、若者が少なくなって、ジジイやババアだらけの日本になってもよろしいとおっしゃっているのだろうか?

スポンサーサイト

【2009/07/21 17:20】 | 政治
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/07/21(Tue) 17:26 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。