2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スワップ派FXのブログを色々見ていて、リンク先などをたどっていったら、「不労所得でセミリアイアを目指せ!」みたいなBlogがあった。「セミリアイア」って何だろう?ちょっと想像してみた。
「セミ」のつかない「リアイア」であれば、例えばサラリーマンや役人を定年まで務めて、退職して、年金や恩給で暮らすというイメージだったり、饅頭屋のおやじさんが、跡取息子に店を譲って、自分は地域の活動に専念するとかそういう「本業」を退職するのが「リタイア」のイメージだ。
だとすると「セミリアイア」というのは
(1)本業を正式にはリタイアしてないけど、半分リタイアした状態?

。。。半分だけ「リタイア」出来る「本業」ってどんなんだ?サラリーマンの自分には想像できないが、あえて考えてみると、例えば流行作家が連載を1/3に絞った状態とか(もう旧作の印税で十分暮らせるけど、完全に絶筆するにはまだ早いし)饅頭屋の親父さんが息子に店は譲ったものの、忙しい時期だけ手伝いに店に出てる状態とか、、、かな?

本業を辞めて、金利生活を目指すなら、「セミリタイア」でなく、本当の「リアイア」を目指せばよいわけで、あえて「セミ」というのは何なのだろうか?
サラリーマンとして想像するに、
 (1)かつて上司とぶつかって「辞めてやる!」と言いたかったが生活があるので出来なかった。
 (2)もし、サラリーと同額以上の金利収入があったら、そんな場面で気持ちよく辞表をたたきつけて辞めることができるだろう。
 (3)今は当面辞めないでお勤めしておくけど、いざとなったら何時でもやめられる、そんな半身の構えを称して「セミ・リタイア状態」と言う。
 (4)故に、仕事で仮に成績悪くてボーナスが多少同期より低くても気にならず、マイペースで上司にこびたり、嫌な客に笑顔で接したりしないでもすむ。。。。

。。。。って、最低じゃん、サラリーマンとしたら。今の職場が気に入らないなら転職すれば良いわけで、何かへんだぞ、この想像は。

こんなんじゃ無いとして、じゃ、「セミリタイア」の「セミ」って何だ?

----------------------
※ついでに(ちょっとからみっぽくなるけど)不労所得って言うけど、スワップ派だって「ほったらかし」じゃまずいんじゃね?気が付いたら、スワップ増えて、評価損もっと増えてみたいになっちゃうじゃん、ちゃんとお手入れしないと。

自分の考え方で言うと、本業(サラリーマン)は本業。楽しいことも辛いこともあるけれど、多分、自分にとっては結構そこそこ割の良い仕事なのだろう、続いてるのだから。当面辞めずに働きつづけるつもり。
FXとか資産運用は、本業とは別の、家の用事とかに近いもの。車の手入れだとか、家の補修だとか、庭の草むしりだとか(あんまりやらないけど)。
勿論、時期がきたらリタイアしたいし、出来るなら早い時期にセミリタイア(例えば週二日勤務とか)になれたら楽だなと思うけど、今の勤務先ではそういう勤務体系は無いのでそれはかなわない。

---------------------
というわけで、脱線したけど、「セミリタイア」ってどんな感じ?結局良くわからなかった。ゴメン。

そうか、大橋巨泉か?

セミリタイアって大橋巨泉みたいなのかもしれない。
レギュラー番組は全てなくして、海外に引っ越して、一年の大半はかつての「本業」以外のことをやってて、時々日本に戻ってきてかつての本業である「タレント」をやったり。。。うーん、良いかも。
でも、僕はサラリーマンだから「セミ」より本当のリタイアが良いなあ。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
そうか、大橋巨泉か?

セミリタイアって大橋巨泉みたいなのかもしれない。
レギュラー番組は全てなくして、海外に引っ越して、一年の大半はかつての「本業」以外のことをやってて、時々日本に戻ってきてかつての本業である「タレント」をやったり。。。うーん、良いかも。
でも、僕はサラリーマンだから「セミ」より本当のリタイアが良いなあ。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/04/27 16:58】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。