2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月の実績を総括する。というか、実態としては5/2まで状態を記録しておく。
米国の株式が上げて、ドルも対円、対ユーロともに上げて週末に突入した。全般的に円安、外貨高の状態で日本の株式も上がったので現時点のポジションの評価額はとても高くなっている。

■外貨取引(スワップの金額)
 Swap-1号 151,654円
 Swap-2号 137,138円
 Swap-3号 147,536円
 合計の累計スワップ金利金額は436,328円で40万円を突破した。

■外貨の評価額(スワップ、レート損益を加算した口座評価額)/証拠金額
 Swap-1号 153.8%
 Swap-2号 132.2%
 Swap-3号 160.7%
 合計    147.0%

■日本株(インデックスETF)
  110.9%
■外国株(インデックスETF)
  106.1%
■海外債券(投資信託)
  102.5%

というわけで、正直言うと、みんな高くなって買い増ししにくくなっている。
単純に買ったものの値上がりを待ってるのって「単利」であって、モノの本では「複利運用で時間を味方につけて増やしましょう」とかもっともらしく書いてあるが、利益を再投資(すなわち買い増し)しないと「複利」にはならないわけで、とは言え「高い」とわかってて買うのも納得行かないし、。も少し勉強して悩んでみよう。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/05/04 15:17】 | 投資実績
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
4月の実績を総括する。というか、実態としては5/2まで状態を記録しておく。米国の株式が上げて、ドルも対円、対ユーロともに上げて週末に突入...
2008/05/31(Sat) 16:01:21 |  2033年を幸せに迎えるためのプログレッシヴ投資Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。