2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話を新しく買った。AUのカシオCA001という機種。
もう最後なのか、ゼロ円でした。




実は今まで使ってたのはちょい古い東芝のW31Tという機種。
PCフルブラウザとブルーツース付きという特徴の機種だったが、どっちの機能も使ってなかった。
表示が2.4インチと現在ではちょい小さめでQVGAなのと、ワンセグが付いてないのでいつか買い換えようと思いつつ、去年はiphoneを買ってしまったりしたのでそのままだったのだ。





古い機種から新しい機種に電話帳やらメールやら写真やらを移動するのに、確か以前携帯電話用のソフト(ケーブル付き)を買って持ってたはずだと探してみたら、出てきたのが、ラクラクムーバというソフト。
早速つないで見たけど、何か認識しませんね。どうやら、CDMA1X用のソフトとケーブルなので、WINには使えないようだ。(物理的には刺さるけど、USBで認識されてない)

というわけで新しいソフト探しが始まりました。

1.携快電話 ソースネクスト 2800円くらい
2.携帯万能 トリスター Amazonで2180円
3.携帯マスター ジャングル 2880円
4.携帯ライフ
5.ケータイリンク アーカスコンピュータ 1995円(ケーブルなし)

それぞれ、WEBで色々調べてみると、W31Tのメールデータを取り出して使えるソフトは無いようだ。
どうもW31T自体の仕様のせいみたい。
ただ、5番目のケータイリンクはSDカードに移動したメールデータは読み込めると書いてある。
使ったこと無かったが、W31Tをいじってみると、EメールのデータをSDカードにコピーすることが確かに出来るようだ。
というわけで、ソフトは「ケータイリンク」に決定。

値段も2千円未満と良いのだけれど、ケーブルが付属してないので、別に買う必要がある。
ソフトはVectorで購入できるのだが、ケーブルだけどこかに買いに行かなければならないのは面倒だし、だいたいどのケーブル買えば良いの?とアーカスコンピュータのサイトを見てみると、使えるケーブル一覧に、携帯電話機に付属のクレードルやケーブルの使用可否まで載っていて、パナソニックのW61P付属のケーブルが使えると出ていた。



今回買ったCA001はクレードルも別売だったのに、昔は気前が良かったのね。W61Pと言えば、カミサンのケータイじゃありませんか。空き箱探して中見るとちゃんとUSBケーブルが未開封のまま入ってました。

で、USBケーブル経由で電話帳や写真ファイル等は移して、それからSDカード経由でメールの吸出しも出来たのでした。

めでたし、めでたし。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:au - ジャンル:携帯電話・PHS

【2009/09/13 14:51】 | 買い物・その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。