2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間、歳をとるほど、頑固で自説に執着するようになるものなのか?

今朝ドル円88円台を付け、実に気分が悪かった。
やがては円安になるであろうと思いつつ、金融資産の半分は外貨建て(主にドルだけど)にしている自分なので、短期的な上げ下げに一喜一憂してはいけないと思いつつ、時価評価額が目減りするのは気分が悪い。(逆に評価額が順調に上がっていると何だかうきうき気分になるのだろうが)

藤井財務相。何故あんな言い方をしたのだろうか?理由を知りたい。かんぐれば、関係者影でがたっぷりドル売りしてたりして。。。。ヒントは国家戦略室の役割を聞かれた際の受け答え。
「戦略って、ストラテジですからね、中長期的な、、、、」と予算は財務省でと答えたあたり。

要はインテリぶってるわけね。インタビュアだとか、テレビ見ている素人は学問もないし、ものを知らないという前提で、「素人にもわかりやすく基本的な事から確認する」というユーザーフレンドリーな姿勢なわけです。なんたって、「最高顧問」だから。

なので、「介入は無意味」「円安誘導はよろしくない」「円高にも良い点はあるのだよ、内需に対して」
とか何を今更な事を言っちゃって、投機筋にきっかけあたえちゃったりして。。。

榊原英資。 持論の円高実現を再び夢見てついはしゃいでしまった。。。 リチャードクーと漫才やってろ!! 二番底がやってくるとか本当に嬉しそうだな。。

亀井静香 。 多分、半分わかってて、半分はわかってないのだろうか?政治家の勘で立ち振る舞いしてるのだろう。

---------
とにかく、変な陰謀論は冗談として、あまりドキドキさせないで欲しいなあ。
どの時点で損益確定させるべきか、迷ってしまう。。




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2009/09/28 21:58】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。