2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝の日経新聞の一面、世界の株式市場の時価総額が「危機前」に迫るだそうだ。
45兆ドル、2月の底から1.5倍。ってな世界の株式時価総額というグラフが出てました。
MSCI世界株価指数を用いて推計したって、何だか懐かしいフレーズ。

そうですそうです、最近忘れてたけど、私は「世界株価時価総額ポートフォリオ、インデックス投資家」だったじゃありませんか?リーマンショック以来、そして今年に入っても止まない株価下落から目をそらして知らん振りしてましたけど、未だに資産ポートフォリオの大部分は世界の株式ETF。(FXの口座の資金を溶かしてしまったせいもあるのだけれど)

年末も近づき、税金の事も時々気になってたので、今朝の記事をきっかけに、よっこらさとポートフォリオの状況を見てみましたよ。

まずは国内のETF。メインはTOPIXですが。

国内1019

ここ何ヶ月か横ばいでぜーんぜん「上昇基調を強めて」ないです。しょぼん。
気を取り直して、海外ETFの時価推移をグラフにしてみると

海外ETF

おー!なるほど新聞のグラフに似てますね。(あたりまえか)。こちらはIVV+EFA+EMMです。
しかし、正直、毎週Moneylookでチェックしている口座残高は「回復」が感じられないのですがと思って、はたと気づいてドル円変換してみると。。。。

海外円転

ありゃりゃ、やっぱ「円高」で円ベースでは「回復が鈍って」ました。。。残念。

別に、最近の藤井発言のせいとは言いませんが、円高にはドキドキしてしまいます。
10年後とか、折角世界の株価時価総額がガーンと増えたとして(はたしてその時IVVの比率がどうなってるかわかりませんが)円高だとやはり「使いで」が減ってしまうとおもうのだけど、、、、ブツブツ!

------------
話はちと変わって、税金に関して少し考え始めている。
FXに関しては簡単で、年前半で出した損に見合う範囲で、後半「確定益」を出してトータルチャラを目指そうと思ってます。

ETF(株)に関して、去年リーマンショック後に「狼狽売り~買戻し」をしてしまった分があって、その際に利確(というか損確)した分があり、その繰越が出来る間に上昇分の利益を一回確定して取得額を「上げて」おいたほうが、将来(いつかわからないけど)本当に「危機前」以上に株価が回復して利益が出てしまった時に節税になるのかな・・・・とか漠然と思ってるのだけど、こっちはもう少し整理してからもいちど書きます。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2009/10/20 04:52】 | 投資実績
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。