2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夜明けてだが、勝間vs.池田で盛り上がるのかと思えば、期待ほどでは無いようだ。

共に、有名人(?)で好かれ嫌われの激しい二人なので、それぞれのシンパが決着を望んで盛り上がってる図を想像したのだけれども。。

お二人ともがサービス精神を発揮して、直接対決なりで「一旦決着」つけていただく事を望むのだけれど。。。(出来る限り、素人にもわかりやすく、説明してね!)


勝間氏のほうは、自分のBlogにて

----------------
勝間和代の行動理念
11:12 私は、若年層雇用の改善、極端な貧困格差の解消、OECD他諸国に比べて進んでいない男女共同参画、これらの改善に向けた活動を行っています。その3つについて、単なる批評でない、よりよい対案なら大歓迎です。
11:20 また、いくら通貨を刷ってもインフレにならない、という問題については、「バーナンキの背理法」という著名なロジックがあります。きっと、某先生はそれをご存じないのかと。 http://ow.ly/A2cm
11:22 とにかく、現在の若年層雇用の問題は「日銀不況」です。
----------------

「某先生」とか言っちゃってます。

池田氏のほうはと言えば、

複雑な問題に簡単な答はない*

-------------
けさの私のつぶやきには200近いコメントがついた。勝間氏の話は10年ぐらい前のリフレ派の議論の劣化コピーで、あらためて論じる価値はないが、「対案はないのか」という類のコメントがあるので、少し問題を整理しておこう。
-------------

専門外と専門家の議論が噛み合わない なのか?





案の定というか、池田信夫先生が「勝間和代氏のためのマクロ経済学入門」と反応されてます。------菅直人副総理(国家戦略室担当)に対して、勝間和代氏が「まず、デフレを止めよう」と題したプレゼンテーションを行なったようだ。その内容は出来の悪い学生の答案みたいな感じだが、これが国家戦略に影響を及ぼすとなると放置できないので、少しコメントしておこう。-----------今回、当然、自分は池田先生側に立つのだけれど、だ...
池田先生の勝間和代氏のためのマクロ経済学入門

スポンサーサイト

【2009/11/08 15:24】 | 子供達の為のお金の学校
トラックバック(2) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 勝間和代氏が「まず、デフレを止めよう」と題したプレゼンテーションを行なったことについて池田信夫氏が彼のブログ「池田信夫blog」に、「勝間和代氏のためのマクロ経済学入門」という記事で、「出来の悪い学生の答案みたい」と批判していた。  私は、あまり池田氏の...
2009/11/08(Sun) 19:56:44 |  文理両道
そうそう、前のエントリーで重要な事を買き忘れていたので、追加。 「複雑な問題に簡単な答えはない」 という池田信夫氏のタイトルはノー...
2009/11/08(Sun) 23:19:16 |  2033年を幸せに迎えるためのプログレッシヴ投資Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。