2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デフレ対策(つい、『リフレ対策』って打ってしまいそうになるのだけれど)の論議もやや終息というか、正直これ以上専門的になってくると訳解らなくなるし、不謹慎ながら飽きてきた部分もあったりするのですが、isologueの磯崎哲也さんが、アゴラで「マイナス金利」政策はいかが?というエントリーをされてます。

いかが?と言われても、大体「マイナス金利」って何なのさというのは読んでいただくと、丁寧に私等みたいな素人にも解った気にさせるように書いてあって、ふふーんなるほどと思ってしまいましたよ。

-----------------
財政再建への寄与
そして、この課税には、もちろん税収が増えるという効果がある。
現在、法人も含めた預貯金は約1100兆円になるが、これに税率0.5%をかければ、年間5.5兆円の税収が生まれることになる。
----------------------
なんてあたりも、勝間さんの提案「デフレをとめよう」よりもこっちのほうが、菅直人さんや藤井さんにも受けそうだと思うのですが。

ねえ、でも、磯崎さん、何か知っててワザと書いてない『副作用』があるんじゃないですか?
明日になって『実は書き忘れていたけれど、~~』なんていう『あざとい』のはなしですよ。

---------------------

追記:飯田泰之さんのBlogで待ちに待った インフレの起こし方 が登場です。

正直ちょっと難しいです。


---------------

「貯金から投資へと言われますが」って船越栄一郎が臭い芝居してコマーシャルやってたり、「銀行にお金を預けるな」の勝間女史にそそのかされて痛い目見た人は(自分もそうだけど)ちょっとやそっとじゃ「貯金」をやめないと思います。確かにマイナス金利がかかるなら銀行からお金出すだろうし、手元にゲンナマあったら使いたくなるのかもしれない。

このあたりは、行動経済学にも詳しい、山崎元さんとかの意見を是非お聞きしたいなあ。

リフレの話はややすれ違ったままなので、是非今度は磯崎さんの「マイナス金利」に対する池田さんや飯田さんの意見を聴きたいと思います。

そうそう、もちろん、勝間さんでも。。



スポンサーサイト

【2009/11/13 17:48】 | 子供達の為のお金の学校
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
思考実験としては面白いんじゃないかしら?いやいや、本気です!(か?) 週末の夜は長いけれど、磯崎哲也さんの「マイナス金利」(ってい...
2009/11/14(Sat) 00:06:29 |  2033年を幸せに迎えるためのプログレッシヴ投資Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。