2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月からの各資産の価格推移をグラフにして並べてみた。

感じた事は二つ。
一つ目、要はまぐれ当りというか、運が良かったというか、買いのタイミングが偶然良かっただけじゃんと言う事。例えば、国内株式のメインTopix連動のETF1308だけど、

1308


僕が初めて投資した3/10から4/1までの三週間って、もの凄く安かった時期なのだよな、偶然。何が偶然って、ネット証券会社の口座がやっと開設できたから、お試しで買ってみたっていうタイミングなんだよな。
※USD/JPYと並べてる理由を下でかくけど、

二つ目は、すべての資産クラスが米ドルの上がり下がりに左右されてたということ。
一つ目に書いた安く買えた3週間っていうのは、当に米ドルが安かった時期だということ。

じゃあ、外国株はどうかと言うと、

5ivv.jpg



赤丸印の付いている処が、購入した時期なのだけど、見事に安いところで買えてる。

米国のETFではコモディティというかエネルギー系のGSGも少し買ったけど

6gsg.jpg


日々の細かい上がり下がりは株とは違う向きに動いていたように思ったけど、こうして俯瞰してみると他の銘柄と同じく3月後半は安くて、4月に高くなってることには変わりなかったようだ。おまけにこのグラフはドルベースだけど、僕ら日本円の人から見るとドルの値動きが掛け算で効いてくるのでなお更4月は値上がりして見えるはず。

米ドル以外の外貨を次に見てみる。まずはメジャーなユーロとポンドだけど

eurgbp


やっぱ偶然安いところで買えてるんだけど、それはドルも安かったんだよな。というか、円クロスってUSDJPYの関数というか掛け算だから、(EURJPY=EURUSD×USDJPY)USDJPYが安ければ自動的にその分は安くなる。

より高金利狙いのマイナー通貨はどうかというと、

2-nzd.jpg


こんな感じで、USDJPYの影響大だ。
4月1日からトルコリラ絡みのSwap-3号を開始したけど、

3sw3.jpg


何と、あと一日開始が遅れたら(KakakuFXの口座開設が遅れたらって事だけど)スワップはともかく今みたいにレート益で余裕かましてられなかっただろう。

ということで、今日はやたらグラフが多いけど、ちゃんと表示されるのでしょうか?

結論、「偶々、ラッキーで、米ドルの神様かお釈迦様かわからないけれど、良いタイミングで買わせてくれたので4月は含み益が膨らんでよい気分で過ごす事が出来ました。」「でも、ここへ来てちょいと米ドルの神様の機嫌が不安定でもしかしたら5月は怖い事になりそう」「実力じゃないくて、運=神だのみなので、じっとして天気が良くなるのを待つばかり。」

。。。。。って、そんなんで良いと思ってんのかよ!??

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/05/12 15:29】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。