2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャショック以降どうしているかの記録です。

今年前半はカナダドルを売りつつAUD中心にZARやTRYも混ぜて高金利通貨をロングしてスワップを貯めてみようとkakakufxでやってみましたが、ギリシャショック(5/7)は何とか乗り切って、直後にポジションを復活したのですが、その後の5/19に向けての下落では正直逃げ遅れてしまいました。

全速力でポジションを整理しつつ逃げようとしたつもりだったのですが、(一昨年のリーマンショックの時の様に口座ごと溶かしてしまうことはありませんでしたが)折角順調に増やしていた口座金額を減らしてしまいました。

通貨同士の相関係数に依存したリスクヘッジ策でしたが、それを根拠にレバ上げていると逃げ遅れるということがよーくわかりました。

しばらくおとなしくしていたのですが、このまま年後半もじっとしてるのもナニなのでとりあえず以下のように考えを整理してみました。

あ)欲をかいて逃げ遅れたことは大いに反省すべきである。
い)しかし、口座残高がゼロにならなかったのは実に良かった。
う)資金を減らしてしまったのだから、これを一気に取り替えそうなどとは考えずに、「これ以上減らさない」ことを重視して地道に増やすことを考える。
え)目標は年末に年初と同額まで戻れば御の字とする。(しかし、危なかったらすぐ逃げること)

で、結局そうは言っても自分は懲りてないのだとよーくわかります。
だった、減らさない事が必達だとしたら、口座から出金して銀行に置いとくのに限るわけで。

で、結局6月は地道作戦で、とは言っても週に数万円とか増やすべくはじめたやり方があります。
今のところ、順調に増えてますが、それに関しては、別項目で書くことにします。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2010/06/19 04:05】 | 投資実績
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。