2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり気になるのでちゃんとデータを確認する事にした。





このグラフはドルが100円割れした3/17日の終値を100として、USDJPYNZDUSD、そしてNZDJPYの推移をグラフにしたもの。紺色のNZDJPYが▲5%になってるのに対して、USDJPYが+8%、そしてそれを掛け合わせた結果としてNZDJPYが+2.5%という事がわかると思う。あれから一貫してNZDUSDに対して下げてたわけだ。




もう少し長いスパンで2006年一月からの推移を見てみると、NZDUSDは緩やかに上昇してきて、今年の3月からは下降に入ってることがわかる。USDJPYは去年の7月から下降しているが3月以降は上昇に転じていて、NZDUSDの下降を打ち消してNZDJPYが80円前後で横ばいしていた状態がわかると思う。

NZDJPYの今後に関しては、NZDのファンダメンタルズ、USDに対する見方と同時に、USDJPYの動きも分解して両者を見据える必要がありそう。




スポンサーサイト

【2008/05/16 17:25】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。