2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちのカミさんが、子供たちが発表会するのに、ピアノ伴奏を頼まれたのだけど、今回は生はしんどいから録音にさせてもらおうと決めてきた。録音ったって、予算は無いし、ICレコーダーをちょこんと置いて録ればいいや位に気軽に考えてたみたいで、流石に150人位入るホールのスピーカーから流すのにそれじゃまずいでしょということで、急遽「生ピアノ録音」することになった。

スタジオ借りても良いのだけれど、というよりもそうするべきなのかもしれないが、「予算もない」と言うことだし、色々考えた結果、「良い機会」なので、自宅のピアノで録音することにした。

一応、「色々考えた」の部分を書いて見ると、
一番手軽なのは、電子ピアノで弾いてライン録音すること。録音機はPCMでWAV録音出来るならそれこそICレコーダーでも良いし、パソコンでも可能。防音やらノイズやら気にしなくて良いし、マイクもいらないし、今時の電子ピアノはそれこそPCM音源でそこそこピアノらしい音色だし。

しかし、これはアコースティックピアノ育ちのカミさんからは却下されました。

そこで、生のピアノをマイクで録音するになるのだけれど、考慮すべきは四点。

1.ピアノ・・・自宅のグランドピアノ
2.場所・・・・当然自宅のピアノの置いてある部屋
3.マイク・・・コンデンサーマイクを調達する
4.録音機・・・ノートPC

二番目に手軽(?)なのは、どこかのスタジオを借りて、そこにあるピアノをそこのマイクと録音装置で録ること(録ってもらう)事なのだけど、20曲近く録らなきゃいけないし、近所に行きつけのスタジオがあるわけでもないし、色々探したり交渉したりも億劫で、今回は敬遠しましたというのが正直なところ。

さて、というわけで、「機材買っても良いよね、勿論、安くすませるからさ」と予算申請してマイク購入となりやした。(それが目的だったわけではないのだけれど)

■安いコンデンサーマイクを探す

ピアノ録音するなら、マイクはコンデンサーマイク。ノイマンのチューブマイクとは言わないけど、U87くらいは使いたいところ、最低でもノイマンもどきのRODEかなと。(これでも昔M269だのU67だとかU87だけでなく、AKGやショップス等を使っていた事があるので)
マイクを「買う」となるとマイク探しも結構大変で、(ネットで探してみてもピンからキリまで色々あるけど)RODEあたりののコンデンサーマイクを2本買うのかな、そうなると数万円の予算だな、と当初考えてたのだけれど、そんな予算は下りませんとなり、方針変更。

あ)国産(ソニーやオーディオテクニカ)のワンポイントステレオマイク :1万円以内
い)国産のダイナミックマイク2本 :1万円以内
う)舶来のコンデンサーマイク2本:1万円以内

要は予算1万円以内でどうしたらそれなりの音が録れるかという課題設定になりました。もう少し予算があると、U87ライクな外見のラージダイヤフラムっぽいコンデンサーマイクがいくつかあって、面白そうなのですが、2本買わなくてはならないので、予算1万円では中々見つかりません。
サウンドハウスで色々探して、JTSのTX-9というエレクトレットコンデンサーマイク(1本4000円)を2本、目を瞑って注文することにしました。 一応 う)の舶来コンデンサーマイク(但し、舶来とは言ってもドイツ製じゃなくて台湾製だし、エレクトレットだけど)になりました。

後になって、このマイクを選んだ事が功を奏するのですが、それはまた後ほど。



サウンドハウスは安くて面白そうなモノが一杯あります。1800円のブームスタンドも2本注文しました。
都合11600円で、1万円をちょっと超えるけど、まあ許容範囲でしょう。







JTSはPDM-57というSM-57もどきのダイナミックマイクも面白そうですが、今回はピアノなのではやりコンデンサー優先ですから、そっちは別枠(自分のお小遣い)で注文しました。(マイクケーブル付きで1980円なり)






更にSM-58の激安コピーモデルとして評判のクラシックプロのCM5(何と1本980円)も調子に乗って注文してしまいました。(こっちは、子供のゴッコ用ボーカルマイクとして)


■ピアノの調律

ちょうど、うまいことに、ピアノの調律(年一回)が来るタイミングでした。ピアノの調律が来る時ってピアノの上に置かれた楽譜やらメトロノームやら雑多なモノが一時的に片付けられて、ピアノカバーもはずされて、部屋もキレイに掃除されるので、調律後、そのまま維持して録音に臨むことにしました。




マイクが揃ったら、次はどうやってPCに録るかですが、それは次回に。


スポンサーサイト

【2010/07/21 11:08】 | 買い物・その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。