2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラートレーダー(シストレ)の、Tスコア上位に出てくるPip Master というストラテジーは勝率が高く、小さい幅の利益を積み重ねる、所謂「コツコツドカン」型のストラテジーです。

口座開設来(といってもとても新しいストラテジーなのですが)の勝率とTスコアを書いてみると

EURCHF 100% 10.00
NZDUSD  96% 9.48
AUDUSD  93% 8.47

と一見すばらしい成績なのですが、EURCHFについてはまだ2ヶ月ほどしか稼動していなので、コツコツドカンの「ドカン」が来ていないだけだと思われます。NZDUDSはつい先日(3/14)についに「ドカン」が来て-160pips程の損を出しました。
このストラテジ自体、利益は10Pips程度で利確し、評価損は200pips付近まで堪えるようですので、EURCHFの勝率100%が破られる時も-200pips程度の損を出すものと予想されます。

よく、シストレでのストラテジ選びに関して、「トレンドフォロー型で、平均利益が平均損失より大きい堅牢なストラテジーを選ぶべきで、「勝率」にこだわってはいけない。」といわれます。また逆に勝率が高すぎるストラテジーは「負けパターンがわからないので、むしろ避けるべき」とおっしゃるかたも居ます。

私もその意見に従って、ThirdBrainFXのような、トレンドフォロー型中心にポートフォリオ組んでいるのですが、正直苦しいんですよね、勝率が低いのって。特に今月はTBFXの負けが連続していて。。

なので、精神安定剤としてこっそりPipMasterの上記3通貨ペアをポートフォリオに追加してます。
こまめにポジションのオープンクローズして利益出してくれてます。
とは言え、焼け石に水ではあるのですが、「勝った!」とメール通知が来ると、数pipsでもちょっとうれしかったりしてしまいます。

そんな風にして今の時期をやりすごして、TBFX達がグイグイ利益を出す時期が来るのを待っております。


※ちなみに、PipMasterに関しては、来週ある実験をする予定なので結果は改めてご報告いたします。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

【2013/03/23 13:14】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。