2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝の日経新聞高金利通貨(マイナー通貨)に短期資金も移動してる記事を読んだとさっき書いたけど、自分のポジションの中ではSwap-3号がまさにそのマイナー中のマイナー通貨集中型だ。
ちょっとずつ改造してきていて、今のポジションは
 AUDJPY 買6万
 CHFTRY 売5万
 CHFZAR 売4万
 TRYJPY 買7万
 USDTRY 売6万
 USDZAR 売4万
って構成に成ってる。何故同じ通貨でJPYとのペア、USDとのペア、CHFとのペアに分散してるかというと、それぞれ環境変化によって動きが違うのでとか色々屁理屈はあるのだけれど、ちょっとずつ「安い」時に買ったり、「高い」時に売ったりしてきた結果で、きちんとした理屈で説明できない部分がある。
夕べ、RiskCal(スワップ派のためのFXポートフォリオ)で色々計算してて気付いたのだけど、
       Risc   Return シャープ
 USDTRY 13.18  13.00  0.99
 TRYJPY 16.64  14.75  0.89
 CHFTRY 15.03  12.50  0.83

で、CHFTRYってUSDTRYに比べてリスクが高くて、リターンが少ないって、持つ意味無いじゃん!?って見えるのだけどどうなんだろう?とりあえず、今持ってるポジを清算するのはもうすこしちゃんと考えてからにするとして、買い下がる(売りあがるか?)為の指値してたのを一旦解除しようと、注文中のリストをチェックしてたら、あれ?何か数字が変なのがあるぞっと。
・・・・ななな、何と、USDTRYが1,000,000注文されていた。百万ドルって約一億円じゃん。幸い、トルコリラは今高くなってるので当分約定しそうに無かったけど、知らずにほっといてなんかの拍子に約定してしまったら(時々あるんだよな、こういうの)証拠金だけで400万円かかるところだった。

一応Swap-3号の他の注文も確認してみて大丈夫だったけど、Kakakufxのプレミアムって、注文パネルの初期値が100万通貨単位なんだよな。マイナー通貨を注文するので仕方なく手数料払って最小注文単位(10万通貨以上は無料とか)より小さい単位で注文してるのだけど、一々数量を直さないといけない。(多分、ボーっとしてて100万ドル発注してしまったんだろう

というわけで、事故は未然に防がれたけど、もし約定してたら、スワップが1日4万円増えてたかも。。。ひえーっ!!

スポンサーサイト

【2008/05/29 13:21】 | 投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。