2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月末だし、丁度週末で市場もお休みなので、5月の総括をしようかと思ったら、またサーバーメンテナンスで口座の残高が見えない。ここ一番の大事なときに注文が通らなかったり約定できないと大変なので、是非サーバーのメンテはしていただきたいが、その間も残高照会とか出来るようにならんかね、現代の科学技術を持ってしても。。。(多分、経済的な理由なのだと思うのだけれど)
という事で、サーバーのメンテ(セントラル短資のね)が終了したら、5月実績の総括することにするので。

4月の実績を総括する。というか、実態としては5/2まで状態を記録しておく。米国の株式が上げて、ドルも対円、対ユーロともに上げて週末に突入した。全般的に円安、外貨高の状態で日本の株式も上がったので現時点のポジションの評価額はとても高くなっている。■外貨取引(スワップの金額) Swap-1号 151,654円 Swap-2号 137,138円 Swap-3号 147,536円 合計の累計スワップ金利金額は436,328円で40万円を突破した。■外貨の評価...
4月の実績 ~5/2時点のポジション~



4月末に準じて5月末の状態を記録しておく。今月末も円安、株高、特に日経平均は1月来5ヶ月ぶりの高値だとか。

■外貨取引(スワップの金額)
 Swap-1号 151,654円 ⇒260,010円 (+108,356円)
 Swap-2号 137,138円 ⇒257,177円 (+120,039円)
 Swap-3号 147,536円 ⇒357,115円 (+209,579円)
 スワップ計 436,328円 ⇒874,302円 (+437,974円)
 
今月は外貨のポジションにだいぶ変化があった。
まず、ポンドとユーロのドルストレートを清算してしまった。

EURUSDを6万と、GBPUSDを5万売ることにした。わからないモノは買わない主義だったのに、つい買ってしまってそのまま買い下がったつもりがここにきて欧州通貨の急落で損が広がって、「君子危うきに近寄らず」というよりは、「三十六計逃げるに如かず」に近い撤退だ。正直言ってロイターの記事など読むと「USDは110円を目指すかも」とか「EURUSDの1.6というのは如何にも高くてその調整が今後も進む」とかこの程度では収まらないっ...
三十六計逃げるに如かず


今にして思えば、慌てないで暫く我慢してれば、損しなくてよかったのだろうが、「ゴキブリ式(?)」でささっと逃げてしまった。
それからNZDが一時下げた。

78円~79円台に下げていたNZDJPYが、80円に戻して一安心しても良いのだろうか?対円(NZDJPY)で80円というよりも、対ドル(NZDUSD)の0.76割れが戻したと言う事がポイントかもしれないが、ともかく今週はニュージーランドの景気後退や金利下げのニュースでキウイ暴落か?という記事が出回って、スワップ狙いのポジションを手仕舞うのか、迷ったところだ。先週末に78.50より下げたタイミングで79円台のポジションは清算して78円台...
NZDJPYは大丈夫だあ!? 80円復活したけど



こっちもゴキブリ式で反応したのだけど、反応がオーバーシュートして安く買い増ししすぎて結果NZDJPYが33万ドルと倍増してしまったが、結局80円台に戻して吉とでた。

更に、Swap-3号の改造をチョコチョコやってたので、その分もスワップが増えることになった。
実績として5月単月で40万円を超えたが、多分(試算では)6月は50万円を超える予定。

■外貨の評価額(スワップ、レート損益を加算した口座評価額)/証拠金額
 Swap-1号 153.8% ⇒166%
 Swap-2号 132.2% ⇒149%
 Swap-3号 160.7% ⇒209%
 合計    147.0% ⇒163%

■日本株(インデックスETF
  110.9% ⇒113%
 何も買い増ししていないので、単に値上がりしただけ。

■外国株(インデックスETF
  106.1% ⇒105.4%
 IVV、EFA,EEMを少しずつ買い増しした結果。当分株式のETFは買わないつもり。

■海外債券(投資信託)
  102.5% ⇒103.1%
 買い増ししていいので、少しだけ値上がりしたという結果。


全体をグラフにしてみる。




3月から5月末まで投じたお金の合計を100として
国内株、海外株、海外債券、外貨の4クラスに対して
28:43:4:25で投資してみたら、結果利益が
4:2:0:16で、合計22出てますというのが5月末時点の状況だ。

◆6月の展望

などというものは特に無くて、基本的にはゴキブリ式で空気が震えたら逃げられるように中腰で居る感じかな、特にスワップ狙いのマイナー通貨は。
それから長期分散インデックス事業部(?)のほうはちょっとお休みというか見てるだけ。
プログレ投資としては、
美味しいスワップの受け取り方で、合成香港ドルを研究してみたい。


追記(6/2)

研究の結果、香港ドルには今のところ手を出さない事にしました。
一応、書いときます。

以上


スポンサーサイト


追記を閉じる▲
追記(6/2)

研究の結果、香港ドルには今のところ手を出さない事にしました。
一応、書いときます。

以上


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/05/31 16:01】 | 投資実績
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。