2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝の日経新聞によると、ニトリが家具などの値下げを実施するそうだ。一部の商品だが、原材料高よりも為替差益が大きく、値下げを行うとのことで、多分、自社企画の商品のコストダウンなど色々の合わせ技なのだろうが、「差益還元」というキャッチフレーズは顧客側からは品質劣化を連想させない納得性の高いコピーだと思う。

一方で金融欄ではドル高、円安106円台のという記事で、何かタイミングに時差があるような印象も。
金融の人たちは超短期的(昨日は雨だったけど、今日晴れたら「回復」で、また雨なら「横ばい」)な感じがするけど、基本的には売ったり買ったりしないけりゃ成り立たない業界だったり、上がった下がったがニュースや記事になる世界だからかもしれない。

自分もここ何ヶ月かで「為替」に敏感になったし、短期的変化に脊髄反射してしまうようになった。為替が大きく動いたら、月に一回(と決めてるわけじゃないけれど)のトレードのチャンスかもしれないし、円高になれば、(特売日のチラシじゃないけど)株式ETFやスワップ狙いの外貨のポジも「お値打ち価格」が出るのではと期待してしまう。
自分の中では3月の100円割れがスタートなので、現在は「円安」に感じる。(と言う事は、傾向的には買えない事が多いのだけど)アンカーが90円台にひっかかってるのだな。


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/06/06 11:20】 | 投資
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ニトリ をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…
2008/06/06(Fri) 18:09:07 |  気になるワードを詳しく検索!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。