2033年を幸せに迎えるための、長期分散インデックス投資とおすすめプログレについて書くBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円介入

その時、ユーロ円は

ユーロ円介入時

ショートポジション持ってたけど、余裕あるので、ほっといてあります。
どうせ、下がるでしょとおもいつつ。。。。

【2010/09/15 11:51】 | 投資
トラックバック(1) |
「8月の円高」に備える意味もあったり、また、金融庁ののレバレッジ規制が8月からというのもあって8月になる前に手持ちのポジションを大幅に縮小しております。

ポジを縮小して見て気が付いたこと。

1.毎日レートを確認しなくなった。
  今まで、朝に夕に家でも外でもレートが気になってたのが
  他に凝ってることがあるせいもあるけど、ほとんど気にならなく
  なりやした。

2.円高が嬉しい!?
  別にドル円のショート持ってる訳でもないのに、円高になると嬉しかったり。
  多分、「あの時ポジを決済してなかったとしたら、今頃どんだけ損してたか」を
  暗算して、仮想の損額を利益として受け止めてるからなのだろうか?

--------------
しかし、去年の夏、一昨年の夏、、、、、色々辛いことを思い出すなあ。

正直な話、何千万円分もポジってたら、あっと言う間に何十万円も何百万円も失ってしまうんだという当たり前の話をちゃんと理解しないといけないのに、つい欲に目がくらんでしまうのだよな、人間は。(というか、俺個人の問題化?)

どうあれ、今年の8月は静かなモノです。


【2010/08/11 10:32】 | 投資
トラックバック(0) |
一個3000円の商品を一日に7個売ったら、売り上げは21,000円です。
週5日働くと、21,000×5=105,000円
それを4週間繰り返すと、105,000×4=420,000円になります。

原価がゼロだと粗利は42万円。
それを半年繰り返すと252万円

この皮算用と同じ事をFXで考えてみました。
ちょっと実験してうまく行きそうだとはじめたのは次のような手です。

----------------
●AUDJPYは78.0から79.0あたりだと目安を決める。
 0.3置きに次のようなIFD注文を考える
 78.1-78.4
 78.4-78.7
 78.7-79.0
●月曜日の朝、AUDJPY=78.6だったら下の二つを指値する。
●新規約定し無事決済されたら(携帯に通知が来るので)同じ注文をもう一度出す。
●オープンポジションが3つより増えないように注意する。
●上記レンジの外に出そうなときは一旦考えてから
 77.8-78.1 や
 79.0-79.3 の注文を出す。
●現在の価格から外れた注文はそのままにせず、こまめにキャンセルする
ー------------------

簡単に書くとこんな感じで、やることは携帯に約定通知が着たら、新しい注文を出したり、ちょっと考えたりすることだけなのだけれど、何をどう考えるのかは書くと面倒なので省略。

いわゆる「トラリピ」みたいに0.1幅とかでジャラーンと注文出しとくとかすると約定回数が増えるのでしょうが、その分保持ポジションが大きくなってリスクにさらす金額が増えてしまうので、現状には不適かと。

これを

 AUDJPYの買い注文
 EURJPYの売り注文
 EURAUDの売り注文

の3ペア組み合わせてやってみました。今週一週間(5日)の結果は合計決済回数43回。 
自動化せず人力なので、あまり回数が増えても本業に支障が出るので、アルバイトとしては一日7~8回というのは良いところ。利益幅は3000円。43回のうち2回は損切していて、それから何回かは3000円取る前に決済してしまったものが含まれます。

一応、損切はルール化しようかと思っていて、7000円~1万円くらいを損の上限にしとこうかと思っているところです。

---------------

やってみた感想は意外に楽しい。
携帯に通知が来るとちょっとうれしかったりして。(3000円だけど)

新しい口座に40万円入れて始めたのだけれど、さっき週末なのでノーポジにして残高は58万円
実稼動2週間弱なので予定とおりに順調だ。もしかして本当にこれで毎週10万円ずつ口座残高が増えていったらと皮算用するのが楽しいです。



FC2blog テーマ:FXデイトレード日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2010/06/19 04:49】 | 投資
トラックバック(0) |
ギリシャショックの記録をしておきます。
5月6日、ダウが1000ポイントも下げ、為替もUSDJPYが87円台、AUDJPYが76円台を付けました。
きっかけは色々なうわさがありますが、株の自動売買が下落に拍車をかけたという解説が新聞に載っていました。
一日経て週末になり、少し頭を冷やして現在の相場が以前に比べてどのあたりなのかを見るために、500時間≒3週間分のチャートを見てみましょう。



FXですが、1月に400万円の資金でスタートして直近530万円まで増えてましたが、このギリシャショックの影響は免れず、最低260万円まで減少し、現在は330万円あたりに居ます。(もっとも、6日から7日にかけてはポジの縮小やら、底値と思われるあたりでの買い戻しやら色々動き回った結果です。)

幸いCADJPYの売りとUSDCADの買いポジションを半分維持していたので(CADの上昇に嫌気が差して、バランスポジションの半分くらいに減らしてしまっていたのですが)ロスカットにもあわずに済みました。

下落時に中途半端な価格で買いまして傷を深めるようなこともなく、2008年のリーマンショックの教訓が少しは役にたったかなと思ってます。

株も大幅に下げました。資金に余裕があればAAPLあたりを買いたいところですが、残念ながらそんな余裕はありません。株も口座に余裕を持ってないと、いざという時に動けませんね。

さて、果たして来週ですが。
今回の件(事故による急落?)で下げきったのでしょうか?
ならば、調整終了ということで、積極策です。

しかし、大崩落の始まりに過ぎないとしたら、ここは傷が小さいうちに逃げるべきでしょう。

果たして、どちらなのか?
もう一日考えて見ます。念のため変な買い増し注文はキャンセルして、それからストップのチェックをしておきました。

FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2010/05/09 06:58】 | 投資
トラックバック(0) |
昨日の朝(日本時間)、米国の公定歩合引き上げの発表で為替相場は大きく動きましたが、一夜明けて今朝にはほぼ8割がた戻していました。(ドル円だけはまだドル高ですが)



朝トイレに起きたついでにパソコンを見ると、昨日「いつか買えるようになったら買うからね!」といって指値しておいたUSDCADが1.04で買えてました。更に少し下げてたので追加で買い増し。
AUD(AUDUSDとAUDJPY)、ZAR(ZARJPYとUSDZAR)、TRY(TRYJYとUSDTRY)の総量と比較すると完全にCAD(CADJPYとUSDCAD)がバランスしきっていないのですが(JPYに関してはほとんどゼロ状態だが、USDの売りが大分残っている状態)、別にドル建ての外国株やETFがあるのでそれとのバランスや今後更にCADが上昇する余地も考慮して(というか朝の30分であまり考える時間もなかったので)ほどほどにしておきました。

※とは言え、カナダドルを30万ドルも売ってる状態は初めてなので、ちょっと緊張。。
 オリンピックだけでなくてカナダ経済もちゃんとウォチしないといけませんね。


-------------------
1月からの今回の作戦では、投入資金約400万円(とは言え半分は単にブタ積みしてただけで、精神安定剤にしかなってませんでしたが)に対して1ヶ月ちょいでプラス50万円というのが今朝までの結果でした。

ここで一旦チャラにせず差し当たり若干のスワップ金利(7000円/日程度)を貰い続ける構えをとりましたが、3月末を睨んで別の作戦を仕掛けるかもしれません。

※今日は相変わらず頭痛がするので深く考えずに文鎮代わりにCADを売っておいたという感じであります。







FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2010/02/20 09:03】 | 投資
トラックバック(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。